スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ドイツラム孵化から4週間

そろそろアクア記事を書かないとカテ追放されそうです。

ということで、ドイツラム人工繁殖チャレンジ2回目
前回記事までの経過は↓

H27.5.5 ドイツラム11回目の産卵
(H27.5.7 10回目の産卵の稚魚、浮上後8日目で全滅)
H27.5.8 am 孵化 pm サテライトに隔離
H27.5.12 生後5日 浮上 ブラインシュリンプ(セット後18~20時間程)捕食を確認。
H27.5.19 生後12日 浮上から1週間経過

ここまででした。
では続きを↓

H27.5.23 生後15日
IMG_3383.jpg

1匹だけ、片目が赤い子が。
産まれつきでしょうか。大丈夫かな…。

IMG_3384.jpg

動きも素早くなって、警戒心が出てきました。
カメラを近づけると逃げるので、写真が撮りにくくなりました…。
更にサテライトの壁面がだいぶ汚れてきて更に写真が撮りにくい…。

H27.5.30 生後22日↓
IMG_3404.jpg

個性体格差がでてきたように感じます。
ジッとしている子もいれば、一人で泳ぎ回ってる子もいます。
今のところ宇宙に手をつっこむ子も、カンチョーする子もいないようです。

IMG_3403.jpg

もう完全にフォルムは魚です。
しかし、壁面が汚い…。産卵が続いて随分長いこと換水していません。
H27.3.410L換水したのが最後なので、80日以上ですね。
サテライトの壁面は汚れますが、本水槽は水草がえらいことになってはいますが、ガラス面もほとんど苔ません。
これがナンキソイルの力なのか、単にバランスが良いだけなのかは解りませんが。
少し換水したいところですが、取り敢えず親水槽の水位が下がってきたので、点滴法1L程足し水しました。

IMG_3406.jpg

サテライトの壁面はヒドラ祭りですw
気持ち悪いです…。

このままだと流石に嫌なので少し調べましたが、30度以上になったり、餌不足になると勝手に消滅していくようですね。

H27.6.2 生後25日
人工飼料に慣れさせる為、キョーリンのひかりパピィブラインシュリンプに少量混ぜてみました。
食べているかは解りませんが今後は毎回混ぜて与えます。

H27.6.5 生後28日 4週間経過
IMG_3438.jpg

もう正面からサテライトの中身が確認できません。
ヒドラスネール稚魚
仲良く暮らしているようです。

IMG_3437.jpg

横からそっと撮影。
1週間前よりふっくらした気がします。
ここまで来れば徐々に換水して大丈夫かな?

いや~。
長い道のりでしたが、どうやら今回は上手くいきそうです。
少ないですが10匹以上は生き残りました。
う〇こと間違えて卵産んじゃうペアの仔取りが出来て本当に良かった…。
今後も油断することなく慎重に子育てしていきます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ドイツラム人工繁殖に挑戦2

前回またまた失敗に終わったドイツラム人工繁殖
H27.5.811回目産卵した孵化しました。
何時サテライト稚魚を移動するか迷っていましたが、ペア喧嘩が激しいので、食仔の可能性が高いと判断。
孵化1日目サテライトに移動させました。

前回記事で「稚魚が見えねぇぞ!」「大きさが解らねぇぞ!!」「マクロレンズ気になるだろうが!」
とのお言葉をいただいたので、各画像を載せてみたいと思います。(孵化当日の稚魚です。)

i最大倍率

i Phone 6 最大倍率

マクロ

i Phone 6 通常倍率×マクロレンズ

i最大倍率×マクロ

i Phone 6 最大倍率×マクロレンズ

IMG_3280.jpg

比較対象 フチ子さん

如何でしょうか?
マクロレンズの性能と稚魚の大きさが解るでしょうか?
今回はi Phone 6 最大倍率のピントが合う距離に合わせましたが、
マクロレンズならもっと至近距離からの撮影も可能です。

77898-1.jpg

さて、無事孵化した稚魚達。
前回失敗の教訓を活かし、サテライトL流量を増やそうとこんな物を購入してみました。
コレ、効果絶大です。かなり流量がアップしました。

IMG_3306.jpg

H27.5.12。孵化から5日目。無事に浮上ブライン捕食を確認。
この日、朝の内にほとんどの稚魚浮上。しかしブラインが孵るのは
試しに冷凍ベビーブライン冷凍ワムシを少量与えてみましたが、若干は食べているようです。
慣れれば冷凍餌でもいけるかもしれません。怖くて試せませんがw

IMG_3350.jpg

浮上から4日目
i Phone 6 最大倍率×マクロレンズ至近距離撮影
お腹のブラインまで写りそうでしょう。

この時点で稚魚は20匹程。
100匹以上いましたが結構落ちちゃいました…。
何故だろう…。
(まあ100匹以上成魚になっても困りますが…。)

IMG_3367.jpg

浮上から1週間
力強く泳ぐようになってきました。

IMG_3375.jpg

マクロレンズで撮影。
4日目と比べるとだいぶ魚っぽくなりました。

しかしここで問題発生
以前から決まっていたことですが、1泊2日出張が…。
行先は現在ブログ村を賑わせている、第2回総会が開かれた地、大阪です。
今回の出張も有り、来月初めには関東結婚式も有り…。仕事も休めず、家計も…。
ということで総会出席断念しましたが、その残り香を嗅いできましたw
駅で「ここにミネさんがアフロで立ってたのか。」とか思いながらw

出張期間中の稚魚の食事はブラインを1回の給餌分に分け、タッパーに入れて冷蔵庫保管したものを嫁に頼みました。
帰宅後確認してみると1~2匹落ちたようですが、何とか無事でした。
良かった…。
これで前回の壁は越えました。

このまま順調にいってくれると良いのですが。
ここ数日下に固まってジッとしていることが多いので心配です…。

追伸

IMG_3378.jpg

H27.5.20or21
ドイツラム12回目の産卵です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ドイツラム人工繁殖に挑戦

無事というか偶然というか…。
とにかく孵化に成功した30cmCUBEドイツラム
サテライトに隔離し、今度は人工飼育挑戦です。

IMG_3204.jpg

孵化後4日目
ヨーサックが大分小さくなり、っぽいフォルムになってきました。
浮上までもう少しかな。

IMG_3214.jpg

H27.4.30
浮上を確認。
ずっと失敗続きだったので感動的です。

IMG_3219.jpg

前日にセットしておいたブラインシュリンプを与えてみる。
お腹をオレンジに膨らませています。無事に食べてくれたようです。
冷凍ワムシも与えてみましたが、食べているのか食べていないのか確認できず。
やはりブラインだと喰い付きが違うようです。
今回はセット後24時間以内ブラインを与えています。

前日夜にセット(ハッチャーで規定量)

夜に給餌(セット後24時間以内。18~20時間程が多い)

給餌後再セット(未孵化が多くても問答無用で再セット)

残った分はタッパーにいれて冷蔵庫に保管(翌朝くらいならまだ大半が生きてます)

翌朝給餌

これで朝晩2回給餌です。これを繰り返しです。毎日です。
正直面倒ですが、「ラムの為なら!」です。
ハッチャーの規定量はかなりの量のブラインが沸くので、余った分(コッチの方が多いw)は他の魚達に与えます。
おこぼれでご馳走にありつけてラッキーでしょう。

IMG_3240.jpg

浮上から7日後
ほとんど落ちることなく、元気に成長しています。
50匹程いるようです。

IMG_3242.jpg

まだ成魚とはかけ離れた容姿ですが、体も大きなり、泳ぎも上手になりました。
黒い模様(?)も色濃くなってきました。

この日、水の蒸発により水位が下がり、サテライトへの水の供給が十分な量ではなくなった為、
ほとんど同じ条件で立ち上げたストック水槽の飼育水を少し足し水しました。

~翌日~

朝、給餌の為覗くと、50匹程いた稚魚が10匹程に…。

何故だ…。

同日夜。再び給餌の為覗いてみると…。

全滅orz

何故なんだ~!
暫く放心状態…。
落ち着いて原因を考えてみる…。

①足し水による微妙な水質変化に適応出来なかった。
②足し水が足りずサテライトの流量不足により、水質悪化・酸欠となった。
③ブラインシュリンプの塩抜きが足りなかった。
④病気・ウィルス・寄生虫の類。
⑤生しらすと間違えて食べた。

私の思いつく範囲でこれ位。
原因の特定は出来ませんが…。

今回は上手くいっていたのに…。ショックです…。

IMG_3237.jpg

H27.5.5

ドイツラム11回目の産卵です。

実は稚魚全滅2日前。また産卵しておりました。
今回は放置かな…。と思っていましたが、
H27.5.7。稚魚全滅の同日。孵化を確認。
もう一度サテライト人工飼育に挑戦してみようと思います…。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

シンクロニシティ

前回、初の人工孵化に挑戦するもカビ失敗に終わりました。
何となく成功する気でいたのでショックでした。
しかも自らの手でをダメにしたわけですからね…。罪悪感。

気を取り直して人工シェルターを元の位置に戻し、再び人工繁殖チャレンジ開始です。
もう一度人工シェルターに産んでくれないかと願っていると。

IMG_3194.jpg

H27.4.23

ドイツラム10回目の産卵です。

また人工シェルターに産んでくれました!
なんて良い子達なんでしょう。

今回は前回の失敗を踏まえ、孵化直前を狙いサテライトに移動する計画です。
孵化まではほぼ親にまかせ、孵化後稚魚を隔離する方法ですね。

が…。産卵したH27.4.23は何の日か…。
前回記事にした、ウェルカム水槽コンコロール水カビ病発症した日です。
その記事の最後での「別のお話」、2階水槽の事件がコレです。

IMG_3197.jpg

マクロレンズで上手く撮れた!
などと喜んでる場合じゃありません。
口の上の部分。これは…。
「水カビ病」?!
ウェルカム水槽コンコロールに続き、30cmドイツラムまでも…。
しかも同じ日に同じ症状

シンクロニシティ?

産卵で体力が落ちたのでしょうか。
細菌に感染するということは、エロモナス病等も発症するかも?!
何度もラムを☆にした恐るべき病気…。
対策としては…。

卵を諦め治療に専念するか。
孵化まで待って、その後隔離するか。

迷いましたが、コンコロール同様、翌日には症状の改善が見られたので、を採用。
そして産卵から2日後H27.4.25
帰宅後水槽を覗くと卵が一つも無い…。
また食卵か…。

でも雄が一ヶ所に留まり、何かを守ってるみたいな…。

IMG_3200.jpg

よ~く見ると…。

稚魚いたー!

久しぶりに見たけど、毎回思うけど、稚魚ちっさ!
でもおかしいな…。
産卵からまだ2日。今迄の経験から孵化までは3日かかるはず。
もしかしたら産卵した日が卵を発見した前日だったのかも…。
最近、子供を寝かしつける際に一緒に寝てしまう為、夜に水槽見てる時間無かったからな…。

とにかく嬉しい誤算。
作戦通りにはいきませんでしたが、プロホースのチューブ部分で稚魚を吸出し、サテライトに。
またも親の猛攻にあいながらも…。
許して…。ドイツラム

IMG_3201.jpg

やっと本来の目的を果たしたマクロレンズ
本当に小さいですね~。
まだヨーサックが動いてるみたいですね。
ちょっと何匹いるかは不明w

子育て、気合入れて頑張ります!

ドイツラム水カビ病ですが、自然治癒で今日現在完治しております。
良かった~。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ドイツラム人工孵化に挑戦2

前回記事からドイツラム人工孵化挑戦しようと試みているのですが…。
7回目8回目の産卵も食卵により失敗
30cmに移住してから移動不可な佐渡赤玉石産卵床にしている為、孵化まではいってくれないと、
人工孵化に挑戦も出来ません。
次回もきっと同じに産卵するだろうと思い、水槽を囲ってストレスを軽減しようか等、色々と考えていたのですが。

H27.4.11

IMG_3145.jpg

ドイツラム9回目の産卵です。

何と人工シェルター産卵してくれました。
「人工繁殖試してみな?」と言わんばかりに!

お言葉に甘えて早速サテライトシェルター毎移動。
親の猛攻にあいながらも…。
ごめんよラム。今回だけは人工繁殖でやれせておくれ…。

IMG_3147.jpg

カビ防止の為にメチレンブルー1滴投入。
まあ、サテライト稼働しているので、数時間で水が入れ替わるのですが…。
水が透明になったらまた1滴垂らす。家にいる時間は出来るだけ薄ら青色キープするよう心がけました。
気休め程度ですがね。

IMG_3152.jpg

移動から2日後
白く変色した卵が目立ちます。カビでしょうか?全体的に白いモヤがかかってる感じ。
カビた卵は針等で取り除く方法もあるようですが、翌日には孵化するだろうとそのまま放置。
帰宅したら孵化しているものと期待していたら…。

IMG_3155.jpg

カビで全滅…。

ドイツラムさん…。ごめんなさい…。
自分の手で卵をダメにしてしまうのは凹みますね…。

IMG_3153.jpg

H27.4.13
60cm新米ドイツラムペアも産卵しました。
我が家に来て5日目です。
コチラペアはほとんどしか世話をしません。
それでも産卵後2~3日は卵が残っていました。なかなか優秀ではないでしょうか。
まだ若いペアですから今後に少し期待です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

磯自慢焼津

Author:磯自慢焼津
東海水草一家
Tokai Aquaplants Family
通称TAF
ご参加お待ちしております。

画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
アクセスカウンター
検索フォーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ウェルカム水槽

スペック H27.1.29立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L(60×45×45cm)
水槽台: ウッドキャビネット ダークブラウン 600×450
  照明:アクシー ニューツイン 600 WW球 ブラックエディション
外部フィルター:エーハイム プロフェッショナル3 2073
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー ・バイオメック・メックプロ
底面フィルター:プロジェクトフィルター プラス
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 16mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:田村商店 溶岩砂 4㍑ ×4袋
初期肥料・追加肥料:今のところ無し

60cm水槽

スペック H26.11.7立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L LOW(60×45×36cm)
水槽台:コトブキ プロスタイル 600S ホワイト
  照明:ADAアクアスカイ602
外部フィルター:エーハイム エコ コンフォート 2234
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー・田砂
初期肥料:トロフィカル Base
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日

ストック水槽

スペック
H27.1.16立上げ
水槽:コトブキ レグラス R 600S(60×30×36cm)
水槽台:コトブキ 水槽台 プロスタイル 600S
照明:ADA アクアスカイ602
フィルター:エーハイム クラシックフィルター 2213
濾材:エーハイムメック・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 9L(付属バクテリア使用)
初期肥料:トロフィカル Base 2リットル・テトラ イニシャルスティック
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日 Main 1滴/日

30cmCUBE
H26ジブリウム作品

スペック H26.7.24立上げ
水槽:コトブキレグラス30cmCUBE
水槽台:60cm水槽用 組立2段台 ST-602(スチール製)ブラック
  照明:ADAアクアスカイ301
外部フィルター:エデニック シェルト60
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー・リング濾材
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 3L
初期肥料:トロフィカル Base 1L・テトライニシャルスティック
追加肥料:無し

20cmCUBE

スペック H26.12.1立上げ
水槽:Do!aquaキューブグラス(20×20×20)
水槽台:本棚
  照明:ニッソー LEDライトスマートタッチ
底面フィルター:トット 底面フィルター S・ニッソー MUTE(ミュート)D
CO2:無し
エアレーション:無し
底床:ナチュラルグラベルS
初期肥料・追加肥料:無し


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。