スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ヤダコレキモイ

ある朝の話。
いつも通り、魚への給餌を済ませ、ジュエル水槽に目をやると見慣れぬ白い何かが目に映る。
今日は寒いから霜でも降りたのかね。
まったく、4月並みの気温になったかと思えば、雪が降る程寒くなったり、おかしな陽気だ…って。

IMG_5039.jpg

「なんじゃこりゃ~!」

下に敷き詰めた水苔が白い綿のようなカビに覆われています。
前日の夜は無かったハズ…。

ヤダコレキモイ…。

躊躇なく水槽を外に運び、水苔を投げ捨てる。
水槽を洗って、さて、どうしたものか考える…。
レプタイルケージのように通気口が無い、水槽では空気が停滞してしまうんですね。
水苔では湿度は保てますが、鉢の座りも悪いですしね…。

IMG_5040.jpg

そこで、今回は人工芝を敷き、薄く水を張って湿度を保つことにしました。
あくまで、鉢には水が触れない程度に。

IMG_5050.jpg

そして、新たに仕入れたジュエルを植え直しまして。
硬質 素焼き鉢 2.5号にしました。
少し大きいですが、黒い鉢が渋くて気に入りました。

そうそう。
温・湿度計ですが、双子の兄貴最北の師匠に良い事教えてもらいました。

IMG_5047.png

磁石接着剤で、温・湿度計に貼り付け固定する方法です。
たまたま家にあった接着剤がバスボンドでしたが、何でもよろしいかと。
今迄、小さいキスゴムで固定していましたが、何度落下したことか…。
この磁石、なかなか強力に固定できて素晴らしいです。

IMG_5052.jpg

鉢も揃い、タグも作り、鉢の座りも良くなり、満足いく環境になりました。
でも、あと3鉢しか入らないな…。

ところで皆さんは、水苔ってどうやって戻してますか?
私は、容器に乾燥した水苔をドバっと入れて、水を入れて、1日放置。
使う時は、水苔を絞って使ってました。

先日、葉っぱの植え替えの記事を読み漁っていたら、興味深い記事がありまして。
よく考えたら、水苔の戻し方なんて、調べたことなかったと気付きました…。

やり方は簡単。
蓋の出来る容器に乾燥した水苔を入れて、霧吹きでシュッシュ。
袋に入れて、シャワーでサーっとやって縛っておいてもOKみたいです。
捨てられなければw

で、蓋をして半日~1日放置。
はい出来上がりw

IMG_5002.jpg

これで適度に水分を含んだ、ふわふわ水苔の完成です。
こうして保管しておけば、使いたい時にすぐにふわふわ水苔が使えますね。
バケツとかに入れておくとカビとか生えるじゃないですか?
いやぁ、良い事知ったw

って、葉っぱ界では常識であろうことを書いてみましたw

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ツタ

前回の植え替えでホメロメナ等のが揃って気持ち良いw
でも、まだツタ2種が残ってるんですよね。

IMG_5026.jpg

コレを何とかしたいんです。
下には他の葉っぱを並べたいので、上の空間を利用して…。

IMG_5025.png

そこで、100均でこんな木の板を買ってきました。
本当は333ばんきんさんが使ってたバイオマスプレート
アレがカッコ良くて欲しいのですが、最近出費がかさんでいますので…。
チランジアが付いたタイプは不要だし…。

IMG_5027.png

板に水苔を敷き、適当に引っこ抜いたツタを載せて透明輪ゴムで固定。
輪ゴムなので劣化して切れるでしょうが、ソレはソノ時に考えますw
コレで良いのか不安いっぱいですが、暫く経過を見守りたいと思います。

IMG_5053.jpg

突っ張り棒に引っかけてみました。
板が斜めなのが100均クオリティー。

空いていた上のスペースを活用できました。
残りはヘゴ棒に貼り付けました。

IMG_5054.jpg

鉢も揃い、用土に植え替え、タグも作りました。
取り敢えずは完成ですが、まだまだ改良の余地ありです…。
後ろの配線も隠したいし。
財布と相談しながらボチボチやっていきますかね。

IMG_5055.jpg

…………
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

用土カッコイイわぁ…。

H28.3.7
最近はすっかり春の陽気ですねぇ。
暖かくなってきたので、もう待てないw
と、いう事で…。

IMG_5011.png

Homalomena sp. "Lompin"

購入した時からそうでしたが、小さなポリ鉢で窮屈そうなので、植え替えします。
我が家のホマは全て購入時の状態のまま、水苔植えですが、
ロンピンの植え替えついでに、他のホマも用土に変更しようと思います。

IMG_4963.png

バラバラだった鉢も、角型スリット鉢に統一することにしました。
安いし軽いしね。
用土の配合は皆さん色々配分を工夫してやられていますね。
先輩方の記事を参考に選んだのがコレ↓

IMG_5008.jpg

アイリスオーヤマ ゴールデン粒状培養土 観葉植物用

見たことあるコレw
このイニ棒みたいな形の用土。こういう土だったんだ…。知らなかった。
近くのホムセンやら園芸店を探したけど「花・野菜用」しか見つからなかった。
まぁ、ホームセンターじゃ需要がないか?

今回の配合はゴールデン3:鹿沼1くらい。
そもそもこの比率が重さなのか体積なのか解らないし、適当ですw
用土の準備が出来たところで、ロンピンを鉢からぬいて、土を落としてみました。

IMG_5012.png

左の株が取れそうで取れないw

IMG_5013.png

つに株分けしてみました。
左の小さな株は少し悩みましたが…。

では次。

IMG_5015.png

Homalomena humilis From Peninsluar Malaysia
ホマロメナ・フミリス マレー半島産

コレは根張が凄かった。
根を傷付けないように水苔を取るのに苦労しました…。
もう最後は嫌になって長い根毎切っちゃいましたけどw

IMG_5016.png

水苔を取ってみると、地中の茎からピンクの芽のようなものが2~3個。
コレは新芽なのだろうか…。
何処で分けて良いかも解らないのでそのまま鉢に戻しましたw

はい。次。
Homalomena sp “miri” sarawak NR便
Rhodospatha sp .NR便


すんなり水苔も取れ、株分けもせずそのまま鉢に。

IMG_5017.jpg

用土に植えたら、鉢毎、水にドボン。
メネデールを少し入れた水です。
何Lの水が入ってるか調べるのが面倒なので適当にキャップ3杯メネデールを入れました。

IMG_5018.jpg

用土カッコイイわぁ…。
いや、土がカッコイイとか完全におかしいですけどね?

IMG_5021.jpg

カッコイイから、ついでにオネマも植え替えてみましたよw
本当は練習でコチラを先にやったのですがねw

この後、静岡に出張中の双子の兄貴が、フリータイムに突入したので…。
突然の呼びかけ&平日にもかかわらず、TAFメンバー3人と共に我が家に来てくれました。
何故か平日休みが多いTAF

IMG_5023.jpg

水槽より葉っぱな人達w

あの様子だとケージ買うねw絶対w
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

仮免許練習中

只今葉っぱ仮免許練習中です。
ぶつからないようにご注意下さいw

IMG_4993.png

Macodes petola
マコデス・ペトラ

誰が言ったか、比較的育てやすいとされるジュエルオーキッド
確かに環境があえば?慣れれば?成長は早いです。
ちなみに私は3株購入して2株溶かしましたw

今回はこの株の株分けをします。
理由はを統一したいから。あと、やってみたいからw
今迄、導入直後に元の水苔を取っ払って植え替えた結果、ロストした経験から、
この株は購入時の水苔はそのままにし、周りに新しい水苔を敷いて植え替えした株になります。

その後、成長も良好だし、根本付近から新芽も出ているし、ジュエル用の鉢も買ったことだしw
勢いが大事ということで、早速逝ってみましょうw

IMG_4994.png

鉢から抜いて、水苔を取っ払ってみる。根を傷つけないように慎重に。
良い感じに3又に分かれてるね…。
根っこが全く無くなるのは怖いから、根が残るように3株に分けてみよう。

IMG_4995.jpg

新調した常滑焼の黒鉢1.5号に植えてみる。
ショップの説明によると…。

横に4か所3mmの大きさの穴が開いています。
水草や今はやりのジュエルオーキッドに最適です。


とありましたが…。

ちょっと小さ過ぎたw

他のもコレに植え替えようとしたけど、とても入らないw
また違う鉢に変えよう…。
どうしよう…。30個も買っちゃったよw
ブセの水上育成に使おうかな。

IMG_5022.jpg

新しい鉢を買うまではコンナ感じで。

そうそう。
先日、ブセ水上育成水槽を立ち上げましたが、瓶詰ブセも元気に育っておりますよ。
青い巨星が頑張っておりますw

IMG_4960.png

完全に自然光のみ、今迄一度だけ換気&霧吹きしただけです。

IMG_4961.jpg

何時の間にか水上葉になってます。
水槽立ち上げなくても瓶で良かった?w



IMG_5034.jpg

………
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

温度計・湿度計

我が家の1歳の怪獣により危険な状態にあるブセ水上育成水槽。
先日、怪獣がガラス蓋の上に乗ってました…。
ブセはともかく、怪我したら大変…。アクア存続の危機ですw
てことで、ホームセンターで30cmCUBEを購入してきました。

はい。まさかの水槽増設w

メタルラックに乗せることを考えると、30CUBEあたりが安心かなと。
も少しだけしか入れませんしね。
家にある40cmアクリル水槽でも良かったのですが、見た目がねぇ…。

IMG_4942.jpg

仕様は以前と同じ。
ヒーターと小型フィルターで湿度&温度キープ。
人工芝を下に敷いて、素焼き鉢と水苔で腰水状態。水耕栽培です。

IMG_4947.jpg

勿論、結露で正面から中はほぼ見えませんw
照明は余っていたアクアスカイ301
少し拘ってみたのが温・湿度計

IMG_4955.jpg

コレはジュエル水槽で使用している物。
ビバリウム用温・湿度計ってピンとくる物が無いんですよね。
というか、コレ、針が読み難いですよね。(何故買ったw)
手頃な値段・手頃な大きさ・インテリア性のあるヤツ、を探してコレにしました↓

IMG_4946.jpg

CRECER 温度計・湿度計CR-101W
(クレセル)

こういうシンプルなヤツが良いね。
後ろの小さい穴に無理やりキスゴムをねじ込んでます。
何回か水没したけど大丈夫なのだろうか…。

IMG_4950.png

エーハイムレプタイルケージ6030には同じ手のブルータイプを。
ホワイトとブルー、ドチラか迷った挙句、両方買ってみましたw
実際使ってみても甲乙つけがたいですw

コレで一通り器材は揃えて、環境が整いました。
まだまだ手探り状態の環境です。
葉っぱ・ジュエル・ブセと3つに分けたのでスペースも増えました。
楽しみですw

IMG_4984.jpg

……
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

磯自慢焼津

Author:磯自慢焼津
東海水草一家
Tokai Aquaplants Family
通称TAF
ご参加お待ちしております。

画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
アクセスカウンター
検索フォーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ウェルカム水槽

スペック H27.1.29立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L(60×45×45cm)
水槽台: ウッドキャビネット ダークブラウン 600×450
  照明:アクシー ニューツイン 600 WW球 ブラックエディション
外部フィルター:エーハイム プロフェッショナル3 2073
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー ・バイオメック・メックプロ
底面フィルター:プロジェクトフィルター プラス
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 16mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:田村商店 溶岩砂 4㍑ ×4袋
初期肥料・追加肥料:今のところ無し

60cm水槽

スペック H26.11.7立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L LOW(60×45×36cm)
水槽台:コトブキ プロスタイル 600S ホワイト
  照明:ADAアクアスカイ602
外部フィルター:エーハイム エコ コンフォート 2234
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー・田砂
初期肥料:トロフィカル Base
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日

ストック水槽

スペック
H27.1.16立上げ
水槽:コトブキ レグラス R 600S(60×30×36cm)
水槽台:コトブキ 水槽台 プロスタイル 600S
照明:ADA アクアスカイ602
フィルター:エーハイム クラシックフィルター 2213
濾材:エーハイムメック・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 9L(付属バクテリア使用)
初期肥料:トロフィカル Base 2リットル・テトラ イニシャルスティック
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日 Main 1滴/日

30cmCUBE
H26ジブリウム作品

スペック H26.7.24立上げ
水槽:コトブキレグラス30cmCUBE
水槽台:60cm水槽用 組立2段台 ST-602(スチール製)ブラック
  照明:ADAアクアスカイ301
外部フィルター:エデニック シェルト60
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー・リング濾材
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 3L
初期肥料:トロフィカル Base 1L・テトライニシャルスティック
追加肥料:無し

20cmCUBE

スペック H26.12.1立上げ
水槽:Do!aquaキューブグラス(20×20×20)
水槽台:本棚
  照明:ニッソー LEDライトスマートタッチ
底面フィルター:トット 底面フィルター S・ニッソー MUTE(ミュート)D
CO2:無し
エアレーション:無し
底床:ナチュラルグラベルS
初期肥料・追加肥料:無し


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。