スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ウェルカム水槽構図決定

こんにちは。
前回記事では皆様に色々なアドバイスをいただき本当に


感謝の極み

「感謝の極み!」

いや、本当にありがとうございました。

これが前回記事にぶち込んだ構図↓

②構図

「崖風レイアウト」です。

まろんぱん さんからいただいた「高さが足りない」というアドバイス。
自分もそう思ってたんです。自分のイメージではもっと半分程の高さまで積み上げるイメージでした。
正に断崖絶壁風な。
しかしいざ積み上げてみると全然上手く積めないし、圧倒的に量が足りない事が解り、この高さに妥協しました。

Yossy さんからも、「せり出した部分の左右の石を高くしたほうが奥行間が出る」というアドバイスが。
成程。このレイアウトに奥行き間が感じられないのはそのせいか。
試してみましたが納得出来る形にならず自分のセンスの無さを実感orz
また、「前景草は立上げ時に植えず、1ヶ月以上経過してから植栽した方がトラブルが少ない」というアドバイスまで。
これにはちょっとびっくりしました。全くそんな考え持ち合わせていませんでした。
そんな方法もあるのですね。

ちょっと疑問に思ったのは、1ヶ月後だと最低でも苔取り部隊、つまりエビが入っている状態ですよね。
その状態で植栽して引っこ抜かれないのかということ。どうなんでしょう。

また、有名大学・ハニ大の講義に取り上げられ、ハニ大経由の訪問者の方にもコメントいただきました。
さすが有名大学。全国ネットの番組に取り上げられたようなもんですね。ありがとうございました。

様々な方にこの構図も褒めていただき嬉しかったです。

しかし、何か納得できないものが自分の中にあった事も事実。
今日まで、ネットや雑誌でレイアウト写真や風景写真を見ては、夜な夜な玄関で石を組み組みしてましたw

そしてやっと納得できる構図に仕上がったので、休みである今日、組み上げました。
前回記事ではすっ飛ばして書いたので、今回はここからw

掃除完了

ここまでするのもかなり時間かかりました。
苔にまみれた木化石を1個づつブラシでゴシゴシ…。寒い…。立上げ時の寒さに比べたらマシですが。
ブラシでこすってもなんか臭い。磯臭い。熱湯ぶっかけて1晩放置したらマシになりました。

今回で実感。この水槽サイズが1人で持てる限界サイズではないかと思います。90cmって持てないですよね?
つまり私が管理できる限界サイズだということです。この為にアクアリウムに興味無い友人呼ぶのもね…。

さて、キレイになったところで、今回の底上げ材。

人工芝セット

ジョイント式人工芝
をセット。
以前発泡スチロールの浮力を甘く見て痛い目見たので、スチロールは避けました。
1枚が30×30cmで、簡単に切れます。値段も安い。
コレの浮力もお風呂で実験しましたが、以外に弱いと思います。ソイルと石で浮いてこないはずだとふんでおります。
通水性も良さそうだし軽いし、今回はコレで決定。

パミスセット

その上に前回使用したパミスを置いて底上げ完了。

かさ上げ横から

人工芝とパミスでここまで底上げしました。
これによりソイルの量を減らすと共に通水性を確保します。

バックスクリーン

その上に園芸用ネットを被せて、バクター100をスプーン9杯程パラパラします。
そして今回はバックスクリーンを追加。
サンデーシートです。30×30cmの硬質塩ビ板です。これを上からクリップで止めただけ。
我が家では全水槽でこれを使用してます。色も選べて直ぐに交換できますよ。

前面スペース

今回は全面を化粧砂でいこうかなと思っているので、プラスチックのL字型の棒でソイルをせき止めます。
27Lさんのブログ見て真似しました。

ソイル敷き

ソイルを8kgザザーっと流し込み、事前に組んだ画像を見ながら木化石を配置していきます。
仕上げにプラチナソイルスーパーパウダーを1kgを敷き完成。

W水槽②構図

はい。すみません。以前記事にしたレイアウトと全然違います…。
数パターンレイアウトを考えてみて、これが一番しっくりきました。
アドバイスをいただいた皆様には申し訳ないですが、今回はコレでいこうと思います。
崖風レイアウトは30cmCUBEで、いつか試してみます。

さて、このレイアウト。木化石の層の向きを合わせ同じ角度に傾けました。
中央には化粧砂で道を作ります。ここで質問です。
道を作るのは初めてで、今回敷き分けは出来そうもないのですが、ソイルの上から砂を入れれば良いのでしょうか?
また、どのタイミングで砂を入れれば良いのでしょうか?
ちなみにレイコン出品等は考えていません。

後は水草を発注し、次の休みに植栽します。
水草何にしようかな。

ポチッとしていただけると更新の励みになります。
スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

Comments

 
 アッと驚く石の配置
 水草の組み合わせでいろんな変化を見せそうですね。

 化粧砂の小径、私も一緒に勉強させてもらいますね。
 
僕のレイアウトも実は後から化粧砂入れます。
ただ、前面だけはブログ的に見栄えがしないので2-3mm程度にしてます。
水草が繁盛して土留め効果が出たら道を作り化粧砂を投入するつもりです。
前面も入れ替えます。
よって、化粧砂は焦らず、水草が育ってからでokだと考えておりまする。
我慢できればですけどwww
のっけうし さん 
自分では気に入ってるんですよねw
今回はかなりの冒険レイアウトです。
ハニ さん 
成程。もう買ってあるし…。
我慢できるかなw

化粧砂の講義待ってますね。
誰でくるかも楽しみにw
 
あら(・・;)
変わっちゃったのね(´・ω・`)

でも、レイアウト綺麗ですね♪
水草入るのが楽しみです(*´∀`)♪
 
面白いレイアウトですね~。
石のレイアウトはやっぱりかっこいい!
水を入れて、水草を植えて、どうなるのか楽しみです。
傾斜がついてるせいで広く見えますね。
化粧砂は、後からでもいいような気がします。
まろんぱんさん 
変わっちゃったの…。
崖にするには石が足りないの…。

水草は発注したので届き次第植栽するよ~。
けど、欠品があって次の休みには届くか微妙…。
げいる さん 
今回は初のオリジナルレイアウトですからね。
ちょっと人がやらないレイアウトにしようかと
思ってますよ。
レイコン出すわけでもないし、楽しんでやります。

化粧砂は苔が落ち着いたらにしようと思います。
 
先日は当方のブログに遊びに来ていただいて、ありがとうございました。こちらではお初にお目にかかります。
石組かっこいいですね!うちは流木メインしかやったことないので、いつかチャレンジしてみたいです。
植栽後の変化も楽しみです!
ヒョン谷 さん 
私も岩組(と言って良いか解らないけど)は前回が初めてでした。
見事失敗しましたが…。
今回こそは成功させたいです。
 
ミズスケさんのところから飛んで来ました(^^)木化石いいですね!崖風レイアウトかっこよかったと思います(^^)
新規レイアウト楽しみにしてます。
まりぶ さん 
コメありがとうございます。
崖風の方が皆さんの評価が高い気がする…。
今度30cmCUBEをリセットして崖風にしてみようかな…。
 
崖風レイアウト見てみたいです(^^)
もしよろしければリンクさせていただきたいのですが大丈夫ですか?
まりぶ さん 
リンクもちろんです。
宜しくお願いします。

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

磯自慢焼津

Author:磯自慢焼津
東海水草一家
Tokai Aquaplants Family
通称TAF
ご参加お待ちしております。

画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
アクセスカウンター
検索フォーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ウェルカム水槽

スペック H27.1.29立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L(60×45×45cm)
水槽台: ウッドキャビネット ダークブラウン 600×450
  照明:アクシー ニューツイン 600 WW球 ブラックエディション
外部フィルター:エーハイム プロフェッショナル3 2073
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー ・バイオメック・メックプロ
底面フィルター:プロジェクトフィルター プラス
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 16mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:田村商店 溶岩砂 4㍑ ×4袋
初期肥料・追加肥料:今のところ無し

60cm水槽

スペック H26.11.7立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L LOW(60×45×36cm)
水槽台:コトブキ プロスタイル 600S ホワイト
  照明:ADAアクアスカイ602
外部フィルター:エーハイム エコ コンフォート 2234
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー・田砂
初期肥料:トロフィカル Base
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日

ストック水槽

スペック
H27.1.16立上げ
水槽:コトブキ レグラス R 600S(60×30×36cm)
水槽台:コトブキ 水槽台 プロスタイル 600S
照明:ADA アクアスカイ602
フィルター:エーハイム クラシックフィルター 2213
濾材:エーハイムメック・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 9L(付属バクテリア使用)
初期肥料:トロフィカル Base 2リットル・テトラ イニシャルスティック
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日 Main 1滴/日

30cmCUBE
H26ジブリウム作品

スペック H26.7.24立上げ
水槽:コトブキレグラス30cmCUBE
水槽台:60cm水槽用 組立2段台 ST-602(スチール製)ブラック
  照明:ADAアクアスカイ301
外部フィルター:エデニック シェルト60
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー・リング濾材
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 3L
初期肥料:トロフィカル Base 1L・テトライニシャルスティック
追加肥料:無し

20cmCUBE

スペック H26.12.1立上げ
水槽:Do!aquaキューブグラス(20×20×20)
水槽台:本棚
  照明:ニッソー LEDライトスマートタッチ
底面フィルター:トット 底面フィルター S・ニッソー MUTE(ミュート)D
CO2:無し
エアレーション:無し
底床:ナチュラルグラベルS
初期肥料・追加肥料:無し


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。