スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ハニ大講義を受けて

こんにちは。
この度あの有名大学。ハニ大・湯ハニ准教授の論文に我が家のウェルカム水槽が採用されました。
詳しくはコチラ

まさかあの有名大学から依頼があるとはまさに…


光栄の極み

光栄の極み!

さて、前回記事で反省点を挙げたが、同じ失敗を繰り返さない為にももう一度失敗の原因を考えてみました。
あくまでコレは我が家の場合。

先ず最大の要因と考えているのがコレ。

ソイルの量が多すぎる。

一応軽石で底上げしましたが、盛り土の量を考えると気休め程度にしかならない。
水草一番サンドを20kg使用。2袋半です。
説明書きによる規定量は60cmレギュラー水槽で8kg。
60×45×45水槽とはいえやはり20kgは多すぎますね。次回の立上げ時はソイルは8kgまでとします。

続いてはコレ。

水草の植栽量が足りない。

20kgのソイルに前景草のキューバパールグラス3ポットとショートヘアグラスのみでは養分を消費しきれない。
特に水中の養分を消費できない。
次回は後景は有茎草・中景にもなるべく養分の吸収の良さそうな水草を出来るだけたくさん植栽する。

そしてコレ。

換水をさぼらない。

今回はさぼったわけではないんですよ。
立上げ~2週間までは毎日60L換水。以後も30L程度を定期的に換水してましたが、アルジーライムシュリンプ
抱卵した為、2週間換水を行わなかった為、一気に苔が発生しました。
それにより水草に勢いが無くなり苔の増徴となったように感じます。
次回はエビが抱卵しようとも定期的な換水を行います。

以上の3点が確実な苔の要因であろうと考えています。
その点をふまえ、次回レイアウトをここのところ考えていたわけですが。
昨日・今日と連休だったので一気にリセットを決行しましたよ。

H26.3.15

最後の雄姿…。
さようななら。短い付き合いでした…。

先ずは生体を60cm水槽に非難。

生体移動

過密状態ですがしばらく我慢してね…。
フィルターも掃除して60cm水槽で回しておきますよ。

ソイル全部抜いて、水槽洗って、木化石を洗って…。

②構図

いきなり次回レイアウト公開ですw
すっ飛ばしていきなり構図をぶち込みましたww

②構図上から

上から

②構図右から

右から

②構図左から

左から

崖風レイアウトです。
木化石を境に前方は化粧砂・後方はソイルでいこうと思います。

完成イメージ

完成イメージ…。
下手すぎるイメージですが、やりたい事は伝われば良いのですが…。

本来なら何回かに分けて記事にする予定でしたが、今回こんな形で画像をのせたのは、
皆様のご意見が聞きたかったからです。
どうか忌憚の無いご意見お願い致します。


スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

Comments

 
石の高さがもっと欲しいなって思いました(´∇`)
断崖絶壁みたいな感じに(*´ω`*)
奥行きがある水槽なので、さらに遠近法を用いて広々と٩( 'ω' )۶

個人的な見解ですので参考までに(^_^)
 
このレイアウトは結構難しいですよね。
中央が前にせり出す場合、その左右からの岩がやや高い方がよいです。
ちょっと素材が違いますが、僕のブライトリー陰性水槽が構図的に近い感じです。

それから植栽の順序ですが、最初から前景草を植えずに後景の有茎草を植えまくって、水槽が安定してから前景草を植えた方が失敗は少ないと思います。
 
おはようございます♪

いいないいな(*´∀`)♪ またも好きなタイプのレイアウトです。


水草を入れて繁茂していく様がアップされるの楽しみ~~


決して、急いで立ち上げてってことではないですよ(゜∇^d)!! ・・・フリじゃないですよ♪

 
ハニ大から見に来ました~♪
リセットしちゃったんですかぁ。。。
かっこよかったのに残念・・・
まろんぱんさん 
そうなんですよ。
私ももっと高さが欲しいと思ったんですが、
相当な量の石を買い足さないといけないので…。

急ぐ理由も無いのでじっくり考えます。
Yossy さん 
アドバイスありがとうございます。
左右の石とは、せり出す部分の両隣の石でしょうか?

前景を植えない。そんな方法もあるのですね。
勉強になります。
ベタのめすさん 
ありがとうございます。
今回は仮組してみて「コレだ!」というのが無いので
もう少し色々な構図を試してみようかなと思います。
たかちんさん 
ありがとうございます。
私も気に入っていたのですが…。
苔に完敗です。

次こそは…。
 
はじめまして!
げいると申します。ハニさんのとこから来ました!

コケの内容がハニさんと同じだなぁ~と思って見てたんですが・・・。
リセット前の環境が他人とは思えない!!!
自分も水草一番、ソイル入れすぎ、水草足りない、石組、富栄養化など、同じような原因でコケまみれになりました(コケの種類は若干違いますが・・・)
一足先に僕はリセットしましたが、全然コケの出る量は変わりましたよ~。

新しいレイアウトも変わった感じでカッコイイです!
焼津さんのレイアウトは山岳系ですね!
立ち上げが楽しみです!
 
そうです、せり出す岩を少し下げるか真ん中を挟んで両側を上げると、真ん中から奥が見通せて、見えるところの最奥部に小さな岩を置くと奥行き感が出ます。

前景部はひと月以上後から植えた方がトラブルが少ないです。
げいる さん 
はじめまして!
コメントありがとうございます。

山岳系になるのは木化石が好きで、コレを使うと何故かそうなりますw
構図はまだ納得できていないのですが、次こそ苔ないように頑張ります。
Yossy さん 
なるほど。
ありがとうございます。
試してみます!
 
あれっ?コメントしたつもりだったけどされてなかった・・・。

ブログ読破しました。
仕事中ですが先ほどwww
めちゃめちゃ面白かった!
すっかりファンです。

崖レイアウトも凄くカッコイイ!!
給排は右ですか?
右下の囲まれている部分。
僕の経験では黒ヒゲに襲われやすいです。

ハニ さん 
ありがとうございます。
私も仕事中にコメ返とかしてますw
今日は休みですよ!

崖レイアウトは私が思い描いていた物とは違く、
組んでみて「コレだ!」という感覚が無かったので
この記事を書いてからずっと構図を練り直してました。

で、今日休みだったので構図は何とかかたまりました。

また記事にしますねw

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

磯自慢焼津

Author:磯自慢焼津
東海水草一家
Tokai Aquaplants Family
通称TAF
ご参加お待ちしております。

画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
アクセスカウンター
検索フォーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ウェルカム水槽

スペック H27.1.29立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L(60×45×45cm)
水槽台: ウッドキャビネット ダークブラウン 600×450
  照明:アクシー ニューツイン 600 WW球 ブラックエディション
外部フィルター:エーハイム プロフェッショナル3 2073
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー ・バイオメック・メックプロ
底面フィルター:プロジェクトフィルター プラス
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 16mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:田村商店 溶岩砂 4㍑ ×4袋
初期肥料・追加肥料:今のところ無し

60cm水槽

スペック H26.11.7立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L LOW(60×45×36cm)
水槽台:コトブキ プロスタイル 600S ホワイト
  照明:ADAアクアスカイ602
外部フィルター:エーハイム エコ コンフォート 2234
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー・田砂
初期肥料:トロフィカル Base
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日

ストック水槽

スペック
H27.1.16立上げ
水槽:コトブキ レグラス R 600S(60×30×36cm)
水槽台:コトブキ 水槽台 プロスタイル 600S
照明:ADA アクアスカイ602
フィルター:エーハイム クラシックフィルター 2213
濾材:エーハイムメック・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 9L(付属バクテリア使用)
初期肥料:トロフィカル Base 2リットル・テトラ イニシャルスティック
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日 Main 1滴/日

30cmCUBE
H26ジブリウム作品

スペック H26.7.24立上げ
水槽:コトブキレグラス30cmCUBE
水槽台:60cm水槽用 組立2段台 ST-602(スチール製)ブラック
  照明:ADAアクアスカイ301
外部フィルター:エデニック シェルト60
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー・リング濾材
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 3L
初期肥料:トロフィカル Base 1L・テトライニシャルスティック
追加肥料:無し

20cmCUBE

スペック H26.12.1立上げ
水槽:Do!aquaキューブグラス(20×20×20)
水槽台:本棚
  照明:ニッソー LEDライトスマートタッチ
底面フィルター:トット 底面フィルター S・ニッソー MUTE(ミュート)D
CO2:無し
エアレーション:無し
底床:ナチュラルグラベルS
初期肥料・追加肥料:無し


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。