スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

北の国から2016夏

ご無沙汰しております。
こんなに更新間隔があいたのは初かもしれない。
8月は何かと忙しく、PCの前にいる時間がなくて…。
コメントも出来ず、申し訳ないです。
夏休みが終われば落ち着く…かな?

さて、溜まったネタ…、が…、あまり無かったw
今月は換水さえ全くしてないし、アクアネタは皆無…。
この辺は忙しくてというより、モチベーションの問題でしょうか。
水槽に設置したファンにより、水の減りがめちゃ早いので、足し水だけはしてましたが…。

そんなある日、荷物が届きました。

IMG_5752.jpg

北の国から2016夏
「誠意って何かね?」

IMG_5747.jpg

注意書きとか、梱包とか、激しい草愛を感じますねぇ。しかも…、
「おまえの親父がくれた泥の付いた保冷剤入りだ。」
ちなみに一番右のは遮光マニアの方の分。
猛暑日が続いていた頃なので、預かるのにビビって、早々に取りに来てもらったw
で、私がいただいたのはコレ↓

IMG_5750.jpg

Aglaonema pictum”Knights of The Zodiac”IBU【AZ1015-2a】

「父さん、名前が長くて僕の頭に入ってきませんでした。」
Knights of The Zodiacって、聖闘士星矢かな?
まぁ、ガラスの30代にピッタリですねぇw

IMG_5751.jpg

「ドリルがまだ育ってる途中でしょうが!」

IMG_5743.jpg

「俺の子株だぞ!俺の…たった一人の…子株だぞ。」
うん。そんなに詳しくないのに名セリフをアレンジするのは無理があった…。

ということでwこの見覚えのある美しい手…。
North Plants Diaryゲイるさんからでした。
手も綺麗だけど、親株もカッコイイね!

IMG_5749.jpg

Selaginella

コチラおまけらしいですが、黒光り…、じゃなくて青光りした葉と、小さく細い葉がストライクですねぇ。
どうもありがとうございました!
葉っぱでお礼したいけど、業者だから全部持ってるな、キット…。
いつか持ってないであろう何かを送りますw
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「麋角羊歯」

リビング進出を果たしたHuperzia(フペルジア)。
家族以外の目に触れることも多くなったわけですが、なかなか好評ですw
私の部屋は、TAFメンバー以外はほとんど入ったことないですからね。
今回は調子に乗ってココ(↓)を更にジャングルチックにしたいと思います。

IMG_5588.jpg

新たに迎える植物はビカクシダです。

学名:Platycerium
別名:プラティケリウム
科・属名:ウラボシ科・ビカクシダ属


フペルジアと同じシダ植物の仲間ですね。相性も抜群でしょう。
漢字で書くと「麋角羊歯」です。
何?ヤンキーなの?w
フペルジア同様、仏恥義理にとっぽいです。

以前から欲しかった2種類ヤフオクで購入。棒茄子払いで夜露死苦!

IMG_5565.jpg

Platycerium.ridleyi

最大の特徴はこのシワシワ模様貯水葉の形でしょう。
別名キャベツ太郎(ウソ)

IMG_5567.jpg

Platycerium.coronarium narrow form

「王冠をまとった」という意味のコロナリウム。貯水葉が冠(クラウン)の形に似ていることが由来です。
貯水葉も個性的ですが、胞子葉も特徴的で切れ込みが多く、下へ垂れ下がります。

IMG_5566.jpg

Platycerium. bifurcatum

コレは家にあったモノ。
園芸店等で、コウモリランやビカクシダとして売られているモノは大体コレ(だと思う)。

この3種類板づけし、フペルジアと一緒に吊るします。
ホムセンで購入した910×210だったかな?の根性焼杉板を4等分しました。
板は何でも良いと思いますが、焼杉板が、入手しやすく、安く、見た目もまあまあです。

IMG_5583.png

板にもどした水苔を敷き、今回はベラボンを中に仕込みました。
水苔のみで問題無いと思われますが、購入した株がベラボン水苔に植え付けてあったので。

IMG_5584.png

水苔の中央にビカクシダを配置。
画像はコロナリウムです。

IMG_5585.png

ベラボンを覆うように水苔を被せていき、麻紐でぐるぐる巻きにします。
紐もビニールでも針金でも何でも良いと思いますが、目立たない麻紐にしてみました。

IMG_5586.png

コレで板に固定出来ました。
が、ココでミスに気づきます…。
真ん中のリドレイの向きが上下逆でした。

IMG_5589.jpg

リドレイの向きを直し、麻紐のみでは強度的に心配だった為、シュロ縄で補強。
その際、コロナリウム貯水葉が一枚取れちゃいました…。
シュロ縄も強度はバッチリだし、思ったより目立たなくてなかなか良いです。

IMG_5587.png

おまけで付いていたネームタグと肥料入り肥料入れを挿して完成…。
と思ったら、同じタグが2枚…。
どうせビフルカツムの分がないし、自作するか…。

IMG_5590.jpg

シュロ縄の取っ手を付けて完成!
この作業は板付する前の方が楽ですw

IMG_5607.jpg

リビングに吊るしてみました。
なかなか良いね!(自己満)
ビカクシダがもう少し成長すれば見応えが出るハズ。
でも、リドレーは育てるのが難しいみたいですね…。
寒くなったら室温じゃ厳しいかなぁ…。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

置くだけ

H28.7.25
富士サファリパークに行ってきました。
8月は何かと忙しそうなので…。
同じ県内ですが行くのは初めてかな。
サファリパークと言えばコレ↓ですよね。

IMG_5691.jpg

Junglebus(ジャングルバス)
窓ガラスがない金網張りのバスに乗ってサファリゾーンに出発!
サファリゾーン周遊の途中ではクマ・ライオン・草食動物へのエサあげが体験できます。
エサを求めて迫る猛獣との距離は約20cm!
遮る物は金網だけ…動物たちの息遣いまで伝わる迫力です。


お昼前に到着したのですが、ジャングルバスの予約可能時間は16:00以後…。
受付でどうしようか迷っていたところ、12:30の席が用意できますだって。ラッキー(池田)♪

IMG_5738.jpg

ホントにホントにホントにホントにライオンだ~♪

熊・ライオン・ラクダ餌やり体験が出来ますよ。(私の時はこの3種類)
金網1枚向こうに、ライオンです。迫力あります。
ライオンの赤ちゃんと記念撮影出来るイベントも限定開催中ですが、
一日分のチケットを開園と同時に販売するそうです。当然完売でしたw

IMG_5693.jpg

「水中のぞう」は日本初公開なんだとか。
コレはバスからだと見難いですね。
ウォーキングサファリなら近くで見れるのかな?

サファリゾーンには自家用車でも入れますが、私としては、やはりジャングルバスがおススメです。
運ちゃんのおやじギャグ混じりの説明もなかなか面白いです。
夫婦喧嘩して車から降りて虎に食べられなくても済みますしね?w
(帰宅したらニュースでやっててビックリw中国のサファリパークだったかな?)

それにしても…。サファリパーク、なめてました…。
凄く楽しかったw

さて、前置きが長くなりすぎましたが、ココからが本題ですw

IMG_5717.jpg

H28.6.2に開始したブセミスト式育成
約1ヶ月と3週間が経過し、だいぶガッチリと、ブセが活着しました。
夏本番を迎える前に水に入れたかったので丁度いいタイミングです。

IMG_5381.jpg

レイアウト解体前に撮影したかったけど、子供に携帯を取られていたので、少し前の画像を。
自分としては、まあまあ満足なレイアウトでした。
一旦全ての素材を取り出します。

IMG_5721.jpg

ヤマサキカズラの根張が半端なかったw
低床をプロホースで掃除して準備完了。

IMG_5724.jpg

溶岩石を配置していきます。
今回は本当に「置くだけ」なので、楽チン〇です。

IMG_5726.png

アクアを再開した時だから…、4~5年使用してきたアクシーニューツイン600
遂に片方の蛍光管が切れたので、以前購入してあった新しい蛍光管と交換しました。
ただ…、サイズが違っていたようで、だいぶ短かった…。
点いたから良しとしましたが。
最近の照明はLEDが主流で、コレを機に変更しようかとも思いましたが、蛍光管の色合いが好きなので、
新しい電球が切れるまではこの照明でいこうかと思います。

IMG_5729.jpg

元居たブセ「置くだけ」で、レイアウト変更完了。
久しぶりにCO2添加も再開しました。(小型ボンベが切れて放置してあった)
夏らしいスッキリしたレイアウトになったのではないでしょうか。(自己満)
底面の煙突が隠れればもっと良かったかな…。面倒だからやらないけどw

IMG_5733.jpg

今回はブセ尽くしのレイアウトなわけですが、
なんだかんだで一番好きなのはKedagang(クダガン)かなぁ。
おそらく今が一番綺麗な状態なので記念にw

IMG_5734.jpg

H28.7.26立ち上げ(記録用)
パイプは時間がある時に掃除しますよ…。タブンw
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

« »

08 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

磯自慢焼津

Author:磯自慢焼津
東海水草一家
Tokai Aquaplants Family
通称TAF
ご参加お待ちしております。

画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
アクセスカウンター
検索フォーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ウェルカム水槽

スペック H27.1.29立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L(60×45×45cm)
水槽台: ウッドキャビネット ダークブラウン 600×450
  照明:アクシー ニューツイン 600 WW球 ブラックエディション
外部フィルター:エーハイム プロフェッショナル3 2073
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー ・バイオメック・メックプロ
底面フィルター:プロジェクトフィルター プラス
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 16mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:田村商店 溶岩砂 4㍑ ×4袋
初期肥料・追加肥料:今のところ無し

60cm水槽

スペック H26.11.7立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L LOW(60×45×36cm)
水槽台:コトブキ プロスタイル 600S ホワイト
  照明:ADAアクアスカイ602
外部フィルター:エーハイム エコ コンフォート 2234
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー・田砂
初期肥料:トロフィカル Base
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日

ストック水槽

スペック
H27.1.16立上げ
水槽:コトブキ レグラス R 600S(60×30×36cm)
水槽台:コトブキ 水槽台 プロスタイル 600S
照明:ADA アクアスカイ602
フィルター:エーハイム クラシックフィルター 2213
濾材:エーハイムメック・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 9L(付属バクテリア使用)
初期肥料:トロフィカル Base 2リットル・テトラ イニシャルスティック
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日 Main 1滴/日

30cmCUBE
H26ジブリウム作品

スペック H26.7.24立上げ
水槽:コトブキレグラス30cmCUBE
水槽台:60cm水槽用 組立2段台 ST-602(スチール製)ブラック
  照明:ADAアクアスカイ301
外部フィルター:エデニック シェルト60
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー・リング濾材
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 3L
初期肥料:トロフィカル Base 1L・テトライニシャルスティック
追加肥料:無し

20cmCUBE

スペック H26.12.1立上げ
水槽:Do!aquaキューブグラス(20×20×20)
水槽台:本棚
  照明:ニッソー LEDライトスマートタッチ
底面フィルター:トット 底面フィルター S・ニッソー MUTE(ミュート)D
CO2:無し
エアレーション:無し
底床:ナチュラルグラベルS
初期肥料・追加肥料:無し


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。