スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

キラキラ

GWが始まりましたねぇ。
今年の休みは長いですから、遠出する方も多いのでは?リセットする方も多いかな?
私は勿論仕事です!早くGW終わらないかなぁ…。
そんなGWの終盤、5月5日端午の節句
息子が無事に成長し、強く、逞しく、賢い大人になるようにとの願いを込めて、兜飾りつるし飾りを飾りました。

IMG_5368.png

私が子供の頃は、親が長いポールをおったてて、デカい鯉のぼりを飾ってくれました。
街中に鯉のぼりが泳いでいたものですが、今では飾られてる家はほとんどありませんね。
家が増え、アパートやマンションが増え、飾る場所が無いというのが一番の理由かもしれませんが、
時代の流れですかねぇ。少し寂しい気もしますが、自分が親になると、デカい鯉のぼりを飾ったりしまったり…。
大変ですよねぇ…。毎年飾ってくれた親には感謝です…。

さて、世界に750属以上、15000種以上もあるOrchidaceae(ラン科)という巨大なグループ。
その中でも比較的小型綺麗な葉模様をもつ種類が Jewel orchids(ジュエルオーキッド)と呼ばれています。
明確な定義は無いようですが、キラキラと煌く葉脈模様にはピッタリのネーミングですね。

IMG_5296.png

私もこのキラキラパワーに完全にやられてしまいました。
ビックリマンシールといい、百式といい、男はキラキラに弱いのです!
特にガラスの30代はドンピシャなはず。仕方ないですねw

IMG_5299.jpg

Macodes petola
マコデス・ペトラ

最初に買ったジュエルオーキッド。大方、コレから入る方が多いのではないでしょうか?
実際に見た時の衝撃は今でも忘れません。って、そんなに昔じゃないですがw
何株か溶かしましたが、初の株分けも成功し、花芽があがってきました。
一度くらいは花を拝んでみたいので、このまま見守ろうと思います。

IMG_5302.png

同じくマコデス・ペトラ
株分け後、茎が途中から腐ってきましたのでちょん切りました。
沈黙を保っていましたが、やっと新しい葉(赤〇)を出し始めました。
スペースが惜しいのでこの株はいずれ常温常湿で育てることになるでしょう。

IMG_5311.png

Ludisia discolor
ルディシア ディスカラー ブラッドベッセル

今年の初〇ャームで買った株になります。
茎は太くて立派なのですが、今の所脇芽も出さず、成長もゆっくりです。
ちなみに、ブラッドベッセル=血管です。

IMG_5297.jpg

Goodyera hispida
グッディエラ・ヒスピダ

某ショップで買った株になります。
コリドラスを買いに行ったのに、帰りに手にあったのはこの子でしたw
良い密度で成長しております。ジュエル熱が上昇したのはこの子のせいですw

IMG_5300.jpg

Malaxis lowii
マラクシス・ローウィー

葉脈キラキラなタイプではありませんが、やさしい色合いが好きです。
他と比べると、葉が柔らかく、購入時の葉はほぼ無くなりました。
ちょっと難しい印象…。

IMG_5301.jpg

かなり間延びした状態ですが、やっと新芽が出てきました。
今度は綺麗に育てられるかな…。

IMG_5330.png

Anoectochilus albolineatus
アネクトキルス・アルボリネータス

欲しかったというより安かったので買った株w
でも買っておいて正解でした。
オレンジの葉脈が綺麗です。

IMG_5298.jpg

Goodyera pussiila
グッディエラ・プシラ

今の所、一番のお気に入り。
ピンクキラキラ葉脈と中央を走る天の川…。
完璧ですw

IMG_5327.png

Cystorchis variegata
シストーチス・バリエガータ

コチラもキラキラ葉脈ではありませんが、ビロード状のいぶし銀的な葉がお気に入り。
ジュエル全般に言えることですが、写真より実物の方が何倍も魅力があると思います。
この種は特にそう感じます。

IMG_5328.png

Macodes sanderiana
マコデス・サンデリアーナ

ジュエルの中でも代表的な種類ですね。
成長するにつれて、葉の縁のウェーブや色があがってくるはずです。
楽しみです。

以上が我が家にあるジュエルオーキッドです。
現在は全て水苔単用ですが、コンポストも工夫しながらもっと増やしていきたいですね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

磯クエスト

昨年、Aquatic plants and aquarium with catsうりぼうさんから
睡蓮を譲っていただいたところから本格的に始動した磯クエスト
二年目に入った今年、3月中旬耐寒性睡蓮の植え替えをしたのが以前の記事まで。

IMG_5290.jpg

N.'Black Princess'(ブラック・プリンセス)

合計3鉢植え付けましたが、その全てから花芽があがってきました。
他の睡蓮は全然ですが…。
昨年も早々に花芽があがったものの、気温が下がったり雨が続いたりで、結局開花は6月中旬でした。
このまま咲いてくれれば今年は長く楽しめそうでですが…。
ドウデショウカ。

植替え時に採れた子株ですが、睡蓮普及活動の末端を担うべく…。
TAFの酒場で有志を募ったところ…。
今年は2人のメンバーが参戦してくれました!

H28.4.2
一人目、絵描き、水欲! ~水槽が欲しい!~海野大輔さんが仲間になった。
二人目のメンバーは仕事の都合で暫く来れないので、その方の分と一緒に植え付け作業をしました。
なるべく早く植え付けた方が、今年の開花が見込めると思いますしね。

私が二人分植え付けしても良かったのですが、来年以後の為にも一緒に作業した方が良いかなと思いましてね。
決してめんどくさかったわけではありませんよw

H28.4.19
二人目、船乗り、のほほん眺める水草水槽まさひこ 海人さんが仲間になった。
海野さんと一緒に植え付けした2種類をお渡ししました。
偶然にも希望した品種がまる被りでしたw

これで今年は3人パーティーとなりましたw
磯クエスト2の始まりです。来年はパーティーがもっと増えるかな?w
しかし、二人ともレアな職業w(絵描きはちょっと違う気もするけど…。)

さて、ここからはまさひこ 海人さんからいただいたお土産の話。

IMG_5278.png

Aglaonema sp.simplex
アグラオネマ・シンプレックス

ってタグに書いてありますが、ホマロメナだと思いますとのことw

IMG_5279.png

テカテカの細長いタイプの葉ですね。
持っていないタイプの葉なのでありがたいです。

IMG_5280.png

裏側はこんな感じ。
多湿環境で育成していたとのことなので、レプタイルケージに。
何となく、常湿でもいけそうな感じなので、徐々に湿度を下げてみようかな。

IMG_5274.png

Sphagnum
水苔

なかなか珍しい生の水苔です。
しかも、青々としてプリップリです。
水苔にも色々種類があるようですが、Sphagnumとはミズゴケ属を指します。(タブン)
睡蓮Nymphaeaと同じですね。名前の頭ののことです。

IMG_5276.jpg

アップだと透き通った緑色ですね。
なかなか綺麗です。

せっかく珍しい物をいただいたので、色々な栽培環境で試してみます。
基本的には、戻した乾燥水苔に植えるというか乗せて植栽しています。
水苔を水苔に植えるってややこしいですがw

IMG_5282.jpg

密封容器

高湿度を保てる一番お手軽な方法でしょうか。ほぼ放置するだけですしね。

IMG_5284.png

鉢に植えてレプタイルケージブセ水上育成水槽に。

IMG_5287.jpg

我が家のレプタイルケージは湿度70~80%程ですが、一日で全体的に乾いた感じになってしまいました。
特に先端はカラッカラ。
どうやら湿度が足りない様子なので、ケージ内での栽培は中止です。

ということで、密封容器水耕栽培の2通りで栽培実験です。
もじゃもじゃ増えたら良いなぁ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

バリエガッタ!

H28.4.8
娘が入園の時を迎えました。
今迄は我が家で女王気分の彼女も幼稚園という社会にでることで、世間の厳しさを多少は知るでしょう。
手におえないので他力本願ですw

あっと言う間に幼稚園ですよ。
こうして親の知らない時間がどんどん増えていくんですねぇ…。
ちょっと寂しい…。

IMG_5234.png

入園式だというのに、写真が嫌な気分だったようで…。
ロクな写真が撮れませんでした。
ホント天邪鬼でコマッタモンデス…。

さて、なのでまた葉っぱ買いました。
仕方ないよね。だものw

IMG_5208.png

Macodes sanderiana
マコデス・サンデリアーナ

人気のあるジュエルオーキッドです。
ライトグリーンに近い葉に、淡い白色のラインが入ります。
ライン上にはレッド系のラメが入るため非常に美しく上品なイメージがわきます。
葉の縁にウェーブがかっているのも特徴的です。


マコデスペトラより色が淡い感じかな。
葉の淵のウェーブは皆無ですね。育てば出てくるのかな?
一番大きい葉にが空いているのは残念…。

IMG_5238.jpg

比べてみると、色の違いが解りやすいですね。

IMG_5217.png

マクロ接写
どうでもいいけどサンデアリーナだと思い込んでいた…。

IMG_5219.png

葉裏
サンデリアーナだったんだね…。

IMG_5210.png

Cystorchis variegata
シストーチス・バリエガータ

全体的な色合いは濃い緑色の葉にキリン柄のように薄緑が入るタイプのジュエルです。
葉の表面はビロード状の肌触りで、表面がうっすら輝くタイプになります。
絶妙な色合いをもったジュエルでは異色ですが非常に美しい種類の物になります。


コレは渋い
正直買うか迷ったけど、買ってバリエガッタ!

IMG_5211.png

マクロ接写
ラメはほとんどなく、ビロード状ですね。
ホマほどビロビロしてませんけどね。

IMG_5214.png

もっとよってみた。

IMG_5213.png

葉裏
いやホントに買って、バリエガッタ!

IMG_5240.jpg

不定期ですが1週間~2週間に一度、外で水遣りタイムです。



IMG_5271.jpg

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

我が家のエース

安心して下さい!
ヤッてますよ!
(アクア)

はい…。
ということで、久しぶりに水草水槽です。
あぶないあぶない。
「水草カテで葉っぱブログ」に改名しないといけなくなるとこでしたw

では、H28.1.21に植栽完了したストック水槽

IMG_5188.jpg

2ヶ月半が経過しました。
全体的にには気に入っているのですが、次世代の赤系水草の実力を見てみたいと残したロタラ sp Hraが、
伸びるのが早くてめんどくさいし、雰囲気に合っていないし…。

IMG_5191.jpg

めんどくさいし、実力は十分に見せてもらったので、お役御免に。
幸い、使ってくれる方が見つかったので、新天地で頑張ってもらいましょう。
サザビーの実力をみせてやりなw

IMG_5194.jpg

浮き葉しか出さないし相変わらず赤いタイガーロータスグリーンをカットし、増えまくりの浮き草を投げ捨て、トリミング完了。
やはり、ロタラは無い方が良いな…。

IMG_5203.jpg

何時の間にかブランチを覆う勢いのナナプチ
でも大半の葉っぱに黒い何かが付いてるので間近で見ると残念な感じ…。
この黒いのは何なの…。

エキノドルス レジン ヒルデブラントは、おそらく水上葉であろう、最初の葉を落としたら、
赤っぽい葉が展開してきたけど、わりとコンパクトにまとまってる。もう少しワイルドでもいいw

IMG_5190.jpg

クリプトも生え揃い、勢力を広げてきました。
この水槽はクリプトをメインにと考えていたので、もう少し増やしても良いかな。
色合いとウェーブした葉がカッコイイ。

IMG_5196.jpg

クリナム・カラミストラータムは、植替え時にほとんどの葉をカットしたけど、綺麗なネビュラチェーンを展開してくれました。
今位が長さも量も丁度良いけど、どんどん伸びるし増えるでしょう。
そして絡まってムカッってなるでしょう。

IMG_5199.jpg

ゲイじゃない普通のニューラージは、やっと増えてきたけど、
換水の度に、被ったかw…じゃない、ソイルを吸ってあげないと、埋もれてしまいます。
磯ラージは人見知りなんです。

とまぁ、比較的順調です。
だからネタがないんですがw

でもこの水槽には我が家のエースがいるのですよ。

IMG_5201.png

誰にも正体の解らない謎の物体
ロタラ並みの成長スピードです。
長くなりすぎたのでそろそろ出荷したいと思いますw

だ・れ・に・し・よ・う・か・な…。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

天の川

2016年2月東京ドームで開催された「世界らん展日本大賞2016」
数年前…。いや、つい最近までは「らん」には全く興味が無かったので、
このような大規模なイベントがあろうとは、知りませんでした。

色々な方のブログで様子を拝見させていただきましたが、
東京ドームいっぱいに広がる「らん」の世界は圧巻ですね。
一度は行ってみたいイベントの一つになりました。

仕事を休めるか?が一番の問題です…。

さて、「らん展」も終わり、ヤフオク等で「らん」の類が頻繁に出品されていますね。
私が今、心奪われているジュエルオーキッドもその一つ。
欲しい物が多すぎて困りますが、以前から狙っていたジュエルを遂に競り落としました。

IMG_5092.jpg

Goodyera pussiila
グッディエラ・プシラ

正しくは「プシラ」だと思われる「グッディエラ」ですが…。
Goodyera sp.(グッディエラ属の何か)で入荷したので種類は解らないそうですw
種類なんてどうでも良いです。プシラが欲しかったからプシラだということにします!

IMG_5097.png

マクロ接写
緑のグラデーションとピンクラメが堪りません。
中央を走る天の川はもっと白っぽいと思ってましたけど。
この天の川が最大の特徴でしょうかね。美しいです。

IMG_5098.png

裏側はコンナ感じ。
hispida(ヒスピダ)といい、pussiila(プシラ)といい…。
Goodyera(グッディエラ)ヤバいなw

そしてもう1種、同じ出品者さんから購入。

IMG_5091.jpg

Anoectochilus albolineatus
アネクトキルス・アルボリネータス

オクの画像より全然調子良さそうです。激安だったしw
コチラも正しくはAnoectochilus sp.ですけどね。

IMG_5095.png

あれ?ピントあってないね?

IMG_5094.png

裏側も…。

両方共、株は小さいですが、状態は良く、値段も満足。
子守の忙しい時間にスマホにはりついてた価値はあったw

IMG_5090.jpg

迅速、丁寧な出品者さんで、草体の保護にTillandsia usneoides(ウスネオイデス)が使われてました。
もともと原産地では、梱包材として利用していたそうですね…。

IMG_5101.jpg

暫くは来たままの状態で我が家の環境に慣れていただきます。
ココも場所がなくなってきた…。

そうそう。
アクアリウムでコーヒー休憩のk…じゃなかった、moominさんがブログ開設して丸3年とかなんとか。
おめでとうございます!

同時期にブログを始めたハズなのでちょっと確かめてみると…。
moominさんが2013年4月3日、私が2013年4月5日でした。
2日先輩だった!

60cm1-9.jpg

ちなみにコレが最初に作ったレイアウト水槽…。
某カバさんとは最初のレベルが違うねw
やべ、何か恥ずかしくなってきたw

ドロン…
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

生きろ!

全国的に3月3日桃の節句「雛祭り」が広く知られていますが、
焼津では旧暦の桃の節句 (4月 3日) の時期に、女の子の親王雛と同時に、 男の子の天神も飾り、
子どもたちの無病息災や健やかな成長を願う風習があります。
まぁ、我が家には天神様は居ないので雛人形だけですが。

そんな訳で、H28.3.28
祖父の四十九日も済み、喪中なのに雛人形を飾って良いのか?という疑問を抱きつつも、雛人形を飾りました。
良いの?w

IMG_5168.png

この笑顔があれば良いでしょうw
健やかに育って欲しいものです。
欲を言えば、もう少しおしとやかに…素直に…。

さて、同じ日、健やかに育っていないコヤツ↓

IMG_5110.png

Huperzia nummulariifolia
(フペルジア・ヌンムラリフォリア)

葉っぱの一部が茶色く変色して枯れたような感じに…。
調子が悪いのは一目瞭然ですね。
お気に入りのフペルジアなので何とか復活してほしい…。
(茶色くなった部分は復活しないそうですが。)
てことで、植替えを実行!

IMG_5159.jpg

Huperzia carinata
(フペルジア・カリナータ)

先ずは調子の良いカリナータから。
初めて鉢から抜いた状態を見ました。
根回りはベラボンで、周りは水苔という状態でした。

IMG_5160.png

思ったほどの根張ではありませんが、白い根がそれなりの密度で生えていて問題はなさそう。
ベラボンと根が一体化していてこれ以上の分離は無理かな…。

IMG_5161.png

ベラボン毎、3つに株分けしてみました。
右2株を植え直します。
左の株は「良い物」貰ったお返しですw

続いて、調子の悪いヌンムラリフォリア

IMG_5162.jpg

白っぽい根がほぼ無く、根張も貧弱…。
これもう根腐れしちゃってるかな?

IMG_5163.png

復活を信じ、2つに株分け

それぞれ、大きい株元の鉢に植え付けます。

IMG_5176.png

元の状態と同じく、根回りをベラボン水苔で覆い、鉢に固定。
周りはベラボン水苔になる感じにしてみました。

IMG_5177.jpg

あまりに痛んだ葉は根本からカットし、まだ綺麗な先端部分水苔に挿してみました。
コレが発根したら良いのですがねぇ…。

小さい株新たな鉢?に植え付けます。

IMG_5007.png

コレ、何て呼ぶのかな…。
「木で出来た四角いヤツ」ですw

何時だったか、浜松駅の地下の露店で売っていた物。
らん用なのかな?
フペルジアをコレに植えたい!と思い、寒い時期に買ったのです。

IMG_5157.png

ヤシマットで中を覆い、下のマットに切り込みを入れてそこからフペルジアを挿します。
コチラも同じくベラボン水苔で植え付けました。

IMG_5175.jpg

リビングダイニングに進出w
この部屋が南向きで一番日当たりが良いですからね。
レースカーテン越しで丁度良い場所なんですw

生きろ!
ヌンムラリフォリア



IMG_5179.png

コチラのフペルジアは元気です…。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

« »

04 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

磯自慢焼津

Author:磯自慢焼津
東海水草一家
Tokai Aquaplants Family
通称TAF
ご参加お待ちしております。

画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
アクセスカウンター
検索フォーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ウェルカム水槽

スペック H27.1.29立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L(60×45×45cm)
水槽台: ウッドキャビネット ダークブラウン 600×450
  照明:アクシー ニューツイン 600 WW球 ブラックエディション
外部フィルター:エーハイム プロフェッショナル3 2073
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー ・バイオメック・メックプロ
底面フィルター:プロジェクトフィルター プラス
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 16mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:田村商店 溶岩砂 4㍑ ×4袋
初期肥料・追加肥料:今のところ無し

60cm水槽

スペック H26.11.7立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L LOW(60×45×36cm)
水槽台:コトブキ プロスタイル 600S ホワイト
  照明:ADAアクアスカイ602
外部フィルター:エーハイム エコ コンフォート 2234
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー・田砂
初期肥料:トロフィカル Base
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日

ストック水槽

スペック
H27.1.16立上げ
水槽:コトブキ レグラス R 600S(60×30×36cm)
水槽台:コトブキ 水槽台 プロスタイル 600S
照明:ADA アクアスカイ602
フィルター:エーハイム クラシックフィルター 2213
濾材:エーハイムメック・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 9L(付属バクテリア使用)
初期肥料:トロフィカル Base 2リットル・テトラ イニシャルスティック
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日 Main 1滴/日

30cmCUBE
H26ジブリウム作品

スペック H26.7.24立上げ
水槽:コトブキレグラス30cmCUBE
水槽台:60cm水槽用 組立2段台 ST-602(スチール製)ブラック
  照明:ADAアクアスカイ301
外部フィルター:エデニック シェルト60
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー・リング濾材
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 3L
初期肥料:トロフィカル Base 1L・テトライニシャルスティック
追加肥料:無し

20cmCUBE

スペック H26.12.1立上げ
水槽:Do!aquaキューブグラス(20×20×20)
水槽台:本棚
  照明:ニッソー LEDライトスマートタッチ
底面フィルター:トット 底面フィルター S・ニッソー MUTE(ミュート)D
CO2:無し
エアレーション:無し
底床:ナチュラルグラベルS
初期肥料・追加肥料:無し


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。