スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

やった感

早いもので今年も残すところあと何日かですね。
仕事納めが済んだ方も多いのではないでしょうか?私は31日まで仕事ですが…。
平成27年は自分としては色々 ”やった感” があります。
そんなわけで今年を振り返ってみると…。

IMG_3056.jpg

ドイツラムの産卵に始まり、ブラインシュリンプデビュー、ミドボンデビュー。

IMG_4683.jpg

ウェルカム水槽のリセット、20cmCUBEのリセット、30cmCUBEのリセット、
60cm水槽のリセット、ストック水槽のリセット×2…。
年内に同じ水槽のリセットを2回やるとは思わなかった…。

IMG_4080.png

ビオトープの立ち上げ、耐寒性・熱帯性睡蓮デビュー。

IMG_4684.jpg

ヤフオクデビューからのフペルジア・マコデスペトラ等の葉っぱデビュー。
エアープランツ水槽立ち上げ(?)、家内引っ越し。

………。
こんなにやったのか?!俺!
水槽全部リセットしてるんだな…。

こりゃ、来年はやる事ないねw

shop_location_img.jpg

また、メンバーゲストの方々の協力の賜物で、TAFオフ会も数回開催出来ましたし、
新メンバー、ayaさん、emiさんの加入も有りました~。
ミネさんや双子の兄貴も静岡に遊びに来てくれましたし。
念願のmoominさんとの対面も果たせました!
また、うりぼうさんには睡蓮やメダカをいただき、色々と教えていただきました。
他にも色々な方に水草をいただいたりと、お世話になりました。

皆様、今年は大変お世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願い致します。


皆様にとって良い年になりますように!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ベストだけどワースト

H27.11.29
リセットした60cm陰性水槽

IMG_4631.jpg

リセットから10日が経過しました。(画像の時点で)
ソイル無し、濾材はそのまま使用、飼育水で立ち上げたので、当日でも生体移動は問題無いと思われますが、
体調と時間の都合で、10日後に生体を元通りにしました。
リセットの間、ミスト式で養生していたトライデントですが、若干の痛みはあったものの、
葉を数枚落とす程度のダメージですみました。

IMG_4651.jpg

普段はほとんど姿を見せることが無いバンジョーキャット
動きがスローすぎるので、手掴みで捕まえる事ができますw
今回は低床を田砂オンリーにしたので、姿を見かける機会も増えました。

IMG_4662.jpg

生体を元居た通りに。
ドイツラムの雌も原因不明で☆になったし、ラスボラ・ヘテロモルファもダイブしたり、いつの間にか半分以下だし…。
ベネブラも1匹になっちゃたしorz
ちょっと寂しくなっちゃいました。
今回は底物が飼える環境にしたつもりなので、久しぶりの生体選びが楽しみです。
ベネブラベストだけど…財布にはワーストだし…。

さて、もう一方、
H27.12.30
リセットした60cmストック水槽

IMG_4632.jpg

リセットから9日が経過しました。
コチラは低床はオールソイル、濾材は半分新品、8割水道水で立ち上げ。
でも、ナンキソイルなので初期の換水は一度もしていません。
ソイルで立ち上げる際に、集中換水が不要というのは、大きなメリットですね~。
しかし、園芸ネットを敷く位置を失敗した為、ソイルの厚みが足りず、有茎が抜けてきます。
クリプトクリナムも盛大に溶けてます。

IMG_4649.jpg

いよいよ寒くなってきたので、うりぼうさんからいただいたメダカ達を水槽に引っ越しました。
屋外でも大丈夫だと思いますが保険で。
コチラは3色メダカ
の状態でいただき、たくさん孵化したのですが、残ったのは3匹でした…。
もう1種類、いただいた、フルメタルウェルカム水槽に引っ越し。
いや、メダカって睡蓮鉢に入れてると背中しか見えないじゃないですか。
それでも十分に楽しませてくれるわけですが、こうして水槽に入れて、全身を見ると本当に美しいです。
もうこのまま水槽で暮らしてもらおうかと思ってます。
でも、繁殖は敵がいない睡蓮鉢の方が良いのかな…。

IMG_4664.jpg

3色メダカを加えて、生体を元通りに。
後ろにソイルを足して、抜けた有茎を植え直し、クリナムの痛んだ葉は全てカット。ほぼ丸坊主
有茎は抜いてクリプトエキノドルスのみの水槽にしちゃおうか…。
本気で悩んでます…。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ミスティング

最近の悩みの種の一つ。
それはエアープランツミスティング
私の場合、不定期ですが週3回位、水槽の水を霧吹きでミスティングしています。
コレをそのままの場所でやると…。

床や壁に水がかかる…。

ですから、ミスティングの度にシンク等に移動したり、そのまま水槽にドボンしたりしてました。
まぁ、コレが結構手間でして…。
ところが、あるお方から…。

動かすたびに成長が止まる。

と、教えていただき…。
ならば、動かさずに、水が外にかかることが無い場所を作れば良いという結論に至りまして。

IMG_4576.jpg

こうなりました。
60cmロータイプ水槽の中に全部入れてみました。
大きい流木は以前海で拾った物w
軽いので水中では出番がなさそうですが、活躍の機会が訪れました。
下に余っていた田砂を敷き、ヘゴ支柱の上に小さいチランジアを置きました。
着生してくれると良いのですが。
コレで思う存分シュッシュできますw
やっと煩わしさから解放されますw
風通しが心配ですが、水槽用のファン小型の扇風機を設置予定です。

そしてもう一つ。
ラックの横に吊るしていたフペルジア
部屋を引っ越したからには”らしく”飾りたいですよね。
でも、出来るだけ壁や天井に傷は付けたくない…。
そこで、こんな物を買ってきました。

61GOJ9Whz5L__SL1000_.jpg

マジッククロス

コインで簡単に取り付け可能。
3本のクギがクロスしてガッチリ固定。
抜き後が目立たない。


だそうです。
早速取り付けてみました↓

IMG_4577.png

うん。良い感じです。
”らしい”仕立てになりました。
もう少しお洒落な吊下げ鉢があると良いのですが、この時期植え替えるのも良く無いだろうし…。
暫くはこのままで。

IMG_4578.jpg

で、植物コーナーはこんな感じになりました。

満足w

IMG_4606.jpg

あ、それと皆さんがタグ作りしていたので、便乗して作ってみました。
今回はヨッシーさんの真似してWordラミネートで。
この量だと切るのは面倒ですが、やはりタグがあるとソレっぽくなりますねw
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

限定品 クラシック用 プロモーション品

色々あったリセット作業も残すところ、ストック水槽の立ち上げのみとなりました。
マルチハンドルの折れたエコの代わりにクラシックフィルター2213も届きました。
そもそも、何故私がエコ コンフォート 2234をチョイスしたかといいますと…。
水草水槽を始めるときに、ネットを読み漁り勉強していたところ、
「外部フィルターの呼び水作業の時に、水が口に入った。」という記事を何件か見かけまして。

●呼び水簡単
  マルチハンドルを動かすだけで水槽の水をフィルター内に注入、簡単スタートを実現しました。


この部分に一番の魅力を感じたわけです。
それに何と言っても小・中学生の頃に憧れたEHEIM
上部フィルターが主流の時代、エーハイムは超高級品という印象が強いです。
実際、価格も今の何倍もしたような記憶があるのですが…。

そんな訳でEHEIMエコ コンフォート 2234をチョイス。
器具・濾材・フィルターパッド等、色々考えると、メーカー・サイズは統一した方が流用出来るので、
うちのフィルターは大体EHEIMです。
しかし自分の不注意とはいえ、マルチハンドルが2台とも折れたエコ2234
それに、今回〇ャームでクラシックフィルターを注文する時にこんな物が付いてる商品を発見。

IMG_4609.png

スターター
だそうです。呼び水作業が出来るという物。
限定品 クラシック用 プロモーション品らしいですが…。
こんな物があるならエコ>クラシックとなる理由が見当たりません。
エコシリーズを開発する前にコレ出してくれよ…。

前置きが長くなりましたが、ストック水槽の立ち上げです。

IMG_4608.jpg

いつも通りアクリサンデーのバックスクリーンをセット。
低床は前回同様、バクター100のおまじないとトロフィカルベースナンキソイル

ここでまた一つ失敗…。
トロフィカルベースソイルの間に、園芸ネット敷くのを忘れました…。
何回同じ失敗すれば気が済むのでしょう。
ソイル1/3程投入した時に気づいたので、やり直さず、その時点でネットを敷き続行。
霧吹きでソイルを湿らせ、少しだけ水を入れます。

IMG_4614.jpg

ナナ等が活着したブランチウッドを配置。
コチラも前回とレイアウトは同じでいきます。

IMG_4615.jpg

一番面倒な作業…。
絡み合った水草を長さを合わせ切りそろえます。

IMG_4616.jpg

ロタラは頂芽が水上化しちゃってますw
ロトンジフォリアと先日仕入れた次世代赤系水草Hraが混ざってしまいましたが、
赤い方がHraだと信じ、選別。右下の数本です。
確かに赤いかな?

IMG_4617.png

ざくざく植栽!
今回はクリプト類を中央にまとめて配置。
やはり、園芸ネットが邪魔で植栽しづらいです…。

IMG_4619.jpg

注水して完成。
クリナム存在感半端ないw
それに絶対トリミングしづらいですね…。
もう、有茎やめてクリプト水槽にしてしまおうか…。

時間と体調の都合で、フィルターのセットが翌々日になりましたが、早速アレを使ってみました。

IMG_4622.jpg

先ずは普通にフィルターをセット。
もう3年以上使ってるヒーターキスゴムが完全にダメになってるし、良い機会なので買い換えました。
ヒーターって、換え時が難しいですね。壊れてからでは遅いですが、そうそう壊れるものでもないし…。
で、ホムセンでヒーターを買ってきて、セット。
翌日水温を見ると…。

30度?!

オートヒーターではなく、サーモが必要なタイプを買ってしまったようです…。
なんて初歩的なミスorz
しかし、生体もいませんでしたし、水草も多分無事。寒い日で良かったです…。

IMG_4623.png

フィルターをセットしたら、排水側のパイプにスターターを挿し、シコシコ…シュコシュコします。
簡単に呼び水ができました。
スターターが水を吸うと、エアホースからなかなかの勢いでピュッと水が出るので注意です。
限定品 クラシック用 プロモーション品 スターター
なかなか良いのではないでしょうか。
そう使う機会もないでしょうがw
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

三歩進んで二歩下がる

子供が二人とも39度の熱を出しましたが、娘は遊びまわり、息子はぐったり。
やはり「女は強し!」ですねぇ…。
子供の風邪をもらったか、連日のリセット作業でか、私も昨日から声が出ません…。

さて、60cm水槽解体移動を終え、後は立ち上げるだけ。
どちらから取り掛かろうか迷いましたが、すぐに終わりそうな陰性水槽から取り掛かることにしました。

IMG_4596.jpg

先ずはバックスクリーンの用意。
以前も書きましたが、我が家ではアクリサンデーという30cm×30cmアクリル板を使ってます。
これをクリップでとめていたのですが、錆びるし、見た目も良く無い…。
ということで今回は新兵器を用意。

IMG_4594.png

スコッチ 掲示用テープ ガラス用ロール
初めて使いましたが、キッチリ貼れて、簡単に剥がせる。そして目立たない。
なかなか良いのはないでしょうか。

IMG_4597.jpg

2枚のアクリサンデーを貼るとこんな感じ。
横幅はピッタリ60cmですが、下に約6cmの隙間ができます。
通常はソイルの厚みで隠れちゃいますね。

IMG_4600.jpg

最初にバクター100を撒いておまじない。
ガラスの保護用に人工芝を敷き、ミクロソリウムトライデントの活着した雲山石を配置。
前回とほぼ同じ配置w
処分するには忍びない瀕死のブセが活着した溶岩石も復活を願い配置。

IMG_4601.png

上からの図。
今回は他の水草は一切無し!
ソイルも使わず、低床は田砂のみでいきます。
底物が飼える水槽にしたいので。

IMG_4602.jpg

玄関正面にあるウェルカム水槽から飼育水を引っ張ります。
全ての水槽が近くにあると楽だわぁ。
ウェルカム水槽に水をいれつつ、60cmに飼育水を引っ張る。
もう立ち上げ終わっちゃうよ!

と、ココで子供がギャン泣きしているのでやむをえずこの場を離脱。
暫くして戻ると…。

部屋が浜名湖に!

IMG_4603.png

大事故発生ですよorz
ホースが下に落ち、床に散水してました…。
この状況でよく写真撮ったな俺w
しっかりホースを固定しない自分がアホでした…。
こぼれたのは10L程だと思いますが、全て移動して処理しないとどうにもならない状態。
10Lでコレでは水槽からの水漏れや、割れたなんて事になったら…。
部屋が焼津港になっちゃいますね…。

ここからはもう、とにかくスピード勝負
水槽を他の部屋に運び、水槽台をひっくり返し拭く。
「水槽台のくせに水に弱い」と評判のプ〇スタイルなので、念の為、外に干しておきました。

IMG_4605.png

そしてこうなりました…。
30cm20cmの水槽台が下が無いタイプで良かった…。
壁際に半紙を敷き、毛細管現象で水を吸ってもらう作戦です。
後は立ち上げだけの状態までいったのに…。

三歩進んで二歩下がる

ですね…。

IMG_4612.jpg

翌日は定時きっかりに帰宅し、立ち上げまで完了させました。
今回は色々あったなぁ…。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

« »

12 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

磯自慢焼津

Author:磯自慢焼津
東海水草一家
Tokai Aquaplants Family
通称TAF
ご参加お待ちしております。

画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
アクセスカウンター
検索フォーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ウェルカム水槽

スペック H27.1.29立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L(60×45×45cm)
水槽台: ウッドキャビネット ダークブラウン 600×450
  照明:アクシー ニューツイン 600 WW球 ブラックエディション
外部フィルター:エーハイム プロフェッショナル3 2073
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー ・バイオメック・メックプロ
底面フィルター:プロジェクトフィルター プラス
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 16mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:田村商店 溶岩砂 4㍑ ×4袋
初期肥料・追加肥料:今のところ無し

60cm水槽

スペック H26.11.7立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L LOW(60×45×36cm)
水槽台:コトブキ プロスタイル 600S ホワイト
  照明:ADAアクアスカイ602
外部フィルター:エーハイム エコ コンフォート 2234
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー・田砂
初期肥料:トロフィカル Base
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日

ストック水槽

スペック
H27.1.16立上げ
水槽:コトブキ レグラス R 600S(60×30×36cm)
水槽台:コトブキ 水槽台 プロスタイル 600S
照明:ADA アクアスカイ602
フィルター:エーハイム クラシックフィルター 2213
濾材:エーハイムメック・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 9L(付属バクテリア使用)
初期肥料:トロフィカル Base 2リットル・テトラ イニシャルスティック
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日 Main 1滴/日

30cmCUBE
H26ジブリウム作品

スペック H26.7.24立上げ
水槽:コトブキレグラス30cmCUBE
水槽台:60cm水槽用 組立2段台 ST-602(スチール製)ブラック
  照明:ADAアクアスカイ301
外部フィルター:エデニック シェルト60
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー・リング濾材
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 3L
初期肥料:トロフィカル Base 1L・テトライニシャルスティック
追加肥料:無し

20cmCUBE

スペック H26.12.1立上げ
水槽:Do!aquaキューブグラス(20×20×20)
水槽台:本棚
  照明:ニッソー LEDライトスマートタッチ
底面フィルター:トット 底面フィルター S・ニッソー MUTE(ミュート)D
CO2:無し
エアレーション:無し
底床:ナチュラルグラベルS
初期肥料・追加肥料:無し


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。