スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

腐海な感じ

崖を作りたくて始めた30cmCUBEレイアウト。
上手い事いかず、構想段階で大崩orz
結果、全く予定していなかった「腐海の底」をイメージしたレイアウトになったわけです…。
前回、流木にブセファランドラ・クアラクアヤンⅠを地道に貼り付けていき水中部分は一段落。

今回は陸上部分に着手します。
水中部分のイメージが「腐海の底」ということは、陸上部分は「腐海」ということになります。
そこで今回チョイスした植物がコチラ↓

IMG_4323.png

Cryptanthus Green(クリプタンサス グリーン)
Cryptanthus bivittatus(クリプタンサス ビビッタータス)

葉は硬く尖り、波状になってます。ヒトデみたい?
久しぶりに寄ったさかなの森さんで見てイメージに合うかなと。
特にビビッタータスなんて毒々しい色でしょうw

IMG_4334.jpg

水苔にくるみ流木の窪みに植えました。
初めて育てる植物なのでこの方法で育成可能かは解りません。

画像の下の植物は言わずと知れたThe食虫植物
Dionaea muscipula(ハエトリソウ)。
植え替えたら元気が無くなりましたが復活してくれるかな…。

全体にモスを貼り付け、流木の先端部分にはマメヅタを。
本当はモンセンゴケにしたかったのですが、時期的に遅かったのか売っていないので断念…。

IMG_4353.jpg

zinさんからいただいたクアⅡ水上化を狙って陸上に植栽。
根は水中…とまではいかなくても水際くらいの場所なので成功してほしいなぁ。
そうそう。
水面の位置を確認したかったので、水入れしました。
数週間もミスト式で放置プレイなんて耐えられないw

IMG_4351.jpg

水面ライン。
ギリギリ底面の出水ラインなのですが、もう少し低くても良いかなぁ。
水中部分は思ったより暗かった…。
勿論流木が上を覆っているので暗くなるのは覚悟してましたが、ちょっと暗すぎるかなぁ…。
しかもブラックウォーター気味。
嫌いじゃないので良いのですが。

IMG_4352.jpg

水中部分はこれ位の角度から見るのが好きです。
下からスポットライト当てても面白いかなぁ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

珍奇植物

BRUTUS(ブルータス)No.808
ビザールプランツ(奇妙な植物)の特集。
そそる内容でした。危険な内容とも言いますねw

雑誌購読前ですが、時間があったので牧之原市のグリーンアイランドという観葉植物・園芸雑貨を扱うお店に行って来ました。
強いて言えばヒメモンステラを探していましたが、無かったのでヤフオクでGETしましたw
代わりに(?)ある珍奇植物を買ってしまいましたが。

買った珍奇植物の前に既存の物を…。
記事を書こうと思ったらほとんど名前が解らないというw
これを機会にネット画像と照らし合わせて名前を調べました。
※誤った名称かもしれませんのでご了承下さい。

IMG_4228.png

左から、
Tillandsia ionantha(イオナンタ)
Tillandsia juncea(ジュンセア)
Tillandsia fuchsii(フクシー)

よく100均で見かけるエアープランツですね。コレもダ〇ソー産ですw

IMG_4258.png

左から
Tillandsia butzii(ブッツィー)
Tillandsia capitata(カピタータ)
Tillandsia caput-medusae(カプトメデューサエ)

コチラも100均シリーズ

IMG_4255.png

Tillandsia usneoides(ウスネオイデス)

コレはホムセン産ですが、今迄何度かトライしているも、綺麗に育ったことがありません。
今回も茶色く枯れた(?)部分がありますが、何とか生き残っています。
水やりが足りないのかな?

以上が我が家にあるエアープランツです。
何とか枯らさずに維持出来ているので、以前から欲しかった物にチャレンジしてみることにしました。

IMG_4220.jpg

Tillandsia xerographica(キセログラフィカ)

チランジア王様と呼ばれている大型で存在感のあるエアープランツですね。
シルバーグリーンカールした葉がカッコイイです。

IMG_4221.jpg

Tillandsia gardneri(ガルドネリ)

コレは衝動買い。
柔らかな葉の手触りが何とも心地よいです。

IMG_4260.jpg

キセログラフィカの大きさは横の白い悪魔と赤い彗星と緑の量産機と比べてみて下さい。
ビグザムアプサラス?くらいですかね。)

IMG_4259.jpg

こんな感じでアクアスカイの上に飾っています。
綺麗な状態で維持できるかな~。不安…。
せっかく名前を調べたから今度タグを作ろう。タグが有った方がカッコイイしw

そして以前にも記事にした、私の一番好きな珍奇植物

IMG_4257.png

Huperzia nummulariifolia
(フペルジア・ヌンムラリフォリア)

IMG_4256.png

Huperzia carinata
(フペルジア・カリナータ)

IMG_4261.jpg

こんな感じでハンガーレール(?)に引っかけてますw
水苔を触って乾いていると外の物干し竿に吊るしてシャワーで水やりしています。
H27.7.11ヤフオクでGETした物ですので、約2ヶ月経過ですね。
成長してるようなしてないような…。
カリナータの方は根本から新しい株が生えてきている…気がします…。
何時植えられた物か不明ですが、水苔交換、つまり植え替えした方が良いのか…。
するとしたら何時が良いのか…。
さっぱりですw

まだまだ植物が有りますが、記事も長いし、どこからが珍奇植物なのか解らないのでこの辺で。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ブセを貼る

H27.9.20
恒例の居酒屋でTAFオフ会を開催。
今回はSWということもあり、参加者は10名
SPゲストGo AQUAミネさんをもてなすには良い人数でした。
「戦いは数だよ!兄貴!」
写真は1枚も撮らなかったわけですが、アクアな呑み会に相応しい話題で盛り上がりました!ホントにw
で…。

IMG_4315.png

ミネさんからお土産をいただき。
TAFはエヴァ好きが多いから喜んでたけど、コレどうしようw
ステッカーはどれもカッコ良かった!

IMG_4314.jpg

Zinさんからお土産をいただき。
クアラクアヤンⅡ
クダガン

だと思われるシャキシャキなブセ

しかもZinさんには特大な荷物まで運んでいただいて…。
そしてその荷物をヨッシーさんに家まで届けていただいて…。
すみません!いつもありがとうございます!

で、翌日…。
ヘパリーゼを飲んで挑んだのに二日酔いで頭が痛いし床で寝落ちしたせいで寝不足。
でもZinさんからいただいたブセヤフオクでGETしたブセが届いているので放置は出来ない!

IMG_4317.jpg

苔一つ無いクアラクアヤンⅠ大密生株。どうやって育ててるんだろう…。
このを…。

IMG_4319.jpg

株分けして…。

IMG_4320.jpg

貼る…。

IMG_4321.jpg

アロンアルファで貼る…。

IMG_4322.jpg

いわゆるミスト式というやつで休憩…。
この方法、便利なんですけど…。

IMG_4329.jpg

一度やると外から撮影出来ないという欠点が。

一応流木部分の植栽は完了ですが、このままミスト式で暫く放置予定。
陸上部分含めどうするかもう少し考えようと思います。
木化石の上面にプレモスを巻きたいけど、我が家では育った試が無い…。
代わりに黒髭でも巻いてみようかな…。
レイアウトイメージは「腐海の底」だし…。
でも、黒髭なんて生えてたら今鹿に怒られちゃうか…。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

つい勢いで…

先日ポストに投函された水草を植栽する為、左サイドを整理したストック水槽
H27.1.16に立ち上げ、今迄一度も差し戻し追肥もしていませんが…。

IMG_4267.jpg

すぐにこうなります。
いただいた水草がロタラの影に呑みこまれています。
せっかく赤系の水草をいただいたので、これを機にちょっと配置換えをしてみようかと。

IMG_4269.jpg

有茎を全部引っこ抜きました。

IMG_4268.jpg

ニューラージ絨毯を剥がしました。

IMG_4270.jpg

流木も取り出しました。

水槽が空になりましたw
ココまでやるつもりは無かったのですが。勢いというヤツで

IMG_4271.jpg

整地してイニ棒を適当にばら撒いておきました。
そしてナナの汚い葉を落とし、ピンナは適当にカット、入れた覚えのないモスも適当に間引いた流木を戻す。

IMG_4279.jpg

300本位の有茎を長さを揃えて差し戻す。
超メンドクサイw
ニューラージはある程度ののまま強引に植える。
田植えなんてしてられないw

IMG_4281.png

①ロタラ・ロトンジフォリア
②ヘテランテラ
③ポゴステモン・デカネンシス
④ルドヴィジア・スーパーレッド
⑤ハイグロフィラ・ロザネルヴィス
⑥ルドヴィジア・オバリス

有茎と前景の間に根本隠しでブリクサ
前景ニューラージ・テネルス・ショートヘアーグラス

こんな感じになりました。
午前中いっぱいかけて…。
色彩的赤系の配置はコレで良いのか?
途中から急ピッチで仕上げたので適当な植栽に。

IMG_4286.jpg

で、ニューラージが大量に余るわけですが…。
ゲイブランドが大量に出回って需要は飽和状態でしょう。

IMG_4288.jpg

でも捨てるのも勿体ないので…。
使っていない容器に入れておきました。
使う予定は無いけど…。

そうそう。
「マツコの知らない世界」観ましたか?
「Ah‐ha」
コレで解る人は観たってことですねw
面白かったですね~。
こういう番組がもっと増えてくれると嬉しいですね。
昔は「テレビチャンピオン」でもアクアリウム選手権(?)やってたのですがね。
またやらないかな~。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ムカゴを育てる

先日、水槽のファンのスイッチを切りました。
一応(片づけるの面倒なので)まだ取り付けてありますが。
またヒーターの出番が来ますね~。
配線関係のDIYなんて出来ないので、手頃な外付けのヒーター発売されないですかね~。

さて、涼しくなってきましたが、Nymphaea 'Murasakishikibu'(ムラサキシキブ)が絶好調です。

IMG_4241.jpg

初の2輪同時咲き
でしたが、台風で変な角度にorz。
まぁ、折れなくて良かったですが。

IMG_4247.jpg

Eichhornia crassipes (Water Hyacinth)
ホテイアオイとの共演。
どちらも全開じゃありませんが…。
まだ次々に花芽をあげております。
まだまだ睡蓮の季節は終わりません。タブン…。

と、言いながらも、熱帯性睡蓮(ムカゴ種)越冬準備に取り掛かります。
タイミング良く、うりぼうさんが「ムカゴ」記事を書いて下さったので、習ってやってみます。
記事にするのは忘備録として一応w

IMG_4250.jpg

H27.9.11
ムラサキシキブの葉には5割程の率でムカゴが付いています。
葉っぱ中央の白いモヤモヤな部分がムカゴです。
この白いモヤモヤが付いた葉を何枚かカットします。

IMG_4251.jpg

ムカゴの周りは切り取り、裏返してバケツに浮かべておきます。
3枚は周りの葉をカットしていません。
葉っぱの裏側はこんな感じです。

Nymphaea 'Nora'(ノーラ)も同じように。

IMG_4249.jpg

ノーラの方が熱帯性睡蓮という感じの葉っぱですね~。

IMG_4252.jpg

勿論それぞれ違うバケツですよ。
混ざると解らなくなりますので。
それぞれ5枚づつ浮かべておきました。
2週間程で葉っぱや根が生えてくるらしいですが、何割くらい成功するでしょう。
成功して葉や根が生えた物は屋内で管理して越冬させるわけですね~。
コレも何割くらい成功するのか未知数です。

でも面白いですよね。
ムカゴが有れば自分のクローンが無限に出来る訳ですから…。
自分にも1つ欲しいですねw

IMG_4246.jpg

おまけ
N.'Black Princess'(ブラック・プリンセス)もまた開花しました~。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

崖を作りたくて…

最近のマイブーム
「ちょっとコレやっちゃうから待っててネ~。」
コレを多用してきやがります。

「ご飯食べるよ」
「ちょっとコレやっちゃうから待っててネ~。」

「風呂入るよ」
「ちょっとコレやっちゃうから待っててネ~。」

「歯磨くよ」
「ちょっとコレやっちゃうから待っててネ~。」

「寝るよ」
「ちょっとコレやっちゃうから待っててネ~。」

毎日この繰り返し。
始めはかわいいと思ってましたが、最近イラッときますw

さて、空にした30cmCUBE
前々からやりたい事と新しくやりたい事が今回のレイアウトのコンセプト

①木化石で崖をつくる
②水上部分をつくる


ってことで、子供が寝た後の時間を使って夜な夜な作業しておりました。
60wと同じく、底面+外部w濾過にしようかと。

IMG_4236.jpg

低床富士砂(溶岩砂)で。

IMG_4198.jpg

早速組み組みしてみます。
崖の後ろ側を水上部分にしたいのですが、全然高さが足りない。
しかも震度1で崩れそうな繊細な崖…。
そして木化石の層が揃いすぎて面白くない。

IMG_4237.jpg

石だけで水面突破する崖を作るのは難しいので、流木と組み合わせてみる。
エアープランツなんかおいてみたりして…。
水面突破したけど、またも震度3で崩れそうな脆い崖…。
違うな~。

試行錯誤すること数日…。
全くイメージ通りいかず途方に暮れる…。
ふと、外にころがっていた流木に目がいき…。

IMG_4238.jpg

本来ならあり得ない向き・角度で配置してみる。
あれ?以外に良いかも?

IMG_4239.jpg

高さも出て、水上部分も出来そう…。

IMG_4243.jpg

で…。最終的にこうなりました。
が作りたくて始めたレイアウトですが、の構想は崩れ去りました。
イメージ的には風の谷の誰かとペジテの誰かが流砂に呑みこまれて落ちた腐海の底
イメージに合わないので低床富士砂からに変更。

IMG_4245.jpg

この水上部分ジュエルオーキッドを植えようかと画策していましたが、
TAFLINEで相談したところ「難しい」というアドバイスをいただきまして、どうしようかと悩んでいるところです。
いっそのこと食虫植物でも植えて腐海っぽくしてやろうか?
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

熱帯性睡蓮と仮面ライダー

SLACKERのブログSLACKERさんから熱帯性睡蓮

IMG_4178.jpg

Nymphaea 'Nora'(ノーラ)

IMG_4179.jpg

Nymphaea 'Murasakishikibu'(ムラサキシキブ)

をいただいて、約一ヶ月が経過しました。
どちらも順調に葉っぱを展開しています。

IMG_4177.jpg

ムラサキシキブムカゴから新芽が出てきました。
ってどれを指してムカゴというのか解りませんが…。
出てきた物がムカゴなのか、ムカゴから葉っぱが出てきたのか…。
本来は周りの葉っぱを落として、裏返して(?)浮かべておくのが正解?
そろそろ幾つかムカゴを育てておいた方が良いのかな?
解らないことだらけですw

IMG_4176.jpg

更に今年の開花は難しいのかと思っていましたが、次々に花芽があがってきました!
この時まだ植えてから3週間です。耐寒性とは全然違う勢いです。
この勢いなら今シーズンまだまだ花を楽しめそうです。嬉しい誤算。

IMG_4200.jpg

そしてH27.8.30 ムラサキシキブ初開花
耐寒性と比べるとかなり小さく可愛らしい花です。
控えめな「ムラサキシキブ」って感じですね。
大和撫子みたいな?

ノーラは未だ開花していませんが、花芽を続々とあげています。
こちらも近い内に初開花が見られそう。
楽しみだな~。

さて、ここ数日急に気温も下がり、天気も良くない日が続いておりますが、耐寒性睡蓮
N.'Black Princess'(ブラック・プリンセス)が開花しました。
我が家の耐寒性睡蓮の中では、この品種が一番元気が良いです。
真夏は陽射しが強すぎて花が焦げてしまい、開花初日の朝しか花を楽しめませんでしたが、
最近では陽射しが和らぎ、本来の期間、本来の美しさを楽しめました。

IMG_4218.jpg

開花初日

IMG_4224.jpg

2日目

IMG_4232.jpg

3日目

個人的に2日目3日目が好きです。
少し焦げてしまっていますが、3日目花粉を纏って、深い色の花は正にブラックプリンセスという感じですね。
今季はあと何回楽しめるでしょうかね。

IMG_4215.jpg

そうそう、最近毎朝仮面ライダーがお食事に来ます…。
うち、大和ハ〇スじゃないんですけどねw
ショッカーでも雇いますかね?
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ボトルアクア

観葉植物?水やりできないから無理。」
という妹が、ボトルアクアをやりたいと言って来ました。
解る。自分も昔はそうだった…。多肉エアープランツも枯らせてきた。
多分管理出来ないだろうな~。と思いつつもせっかく興味を抱いたのだから手伝ってあげることに。
これを機にアクアに目覚めるなんてことは無いだろうが…。

とは言っても、考えてみると自分もボトルアクアってやったことないな…。
先ずは容器選び。自分が出した条件は2つ。

①口の広いなるべく大きな容器を選ぶこと。
②蓋の有る容器を選ぶこと。


そして妹が選んできた容器100均で購入したカラーサンドで早速作成開始。
ソイル×有茎はおそらく無理なので、使うのはカラーサンド×陰性のみ!
水槽から適当に持ってきた水草を用意してあげ、基本レイアウトは妹任せ。

IMG_4161.jpg

IMG_4160.jpg

IMG_4163.jpg

IMG_4162.jpg

初めて作った割にはマシな出来じゃないでしょうか。
思ってたより難しかったけど楽しめました。
さて、どうなる事やら…。

IMG_4185.jpg

ドイツラム繁殖水槽として使っていた30cmCUBE
一先ず役目を終えたのでリセットすることにしました。
あまりに酷い状態だったので解体前の画像は有りません。
空の水槽に興味津々の子供達。
おまえも空の水槽に浪漫を感じるのか?
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

« »

09 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

磯自慢焼津

Author:磯自慢焼津
東海水草一家
Tokai Aquaplants Family
通称TAF
ご参加お待ちしております。

画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
アクセスカウンター
検索フォーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ウェルカム水槽

スペック H27.1.29立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L(60×45×45cm)
水槽台: ウッドキャビネット ダークブラウン 600×450
  照明:アクシー ニューツイン 600 WW球 ブラックエディション
外部フィルター:エーハイム プロフェッショナル3 2073
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー ・バイオメック・メックプロ
底面フィルター:プロジェクトフィルター プラス
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 16mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:田村商店 溶岩砂 4㍑ ×4袋
初期肥料・追加肥料:今のところ無し

60cm水槽

スペック H26.11.7立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L LOW(60×45×36cm)
水槽台:コトブキ プロスタイル 600S ホワイト
  照明:ADAアクアスカイ602
外部フィルター:エーハイム エコ コンフォート 2234
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー・田砂
初期肥料:トロフィカル Base
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日

ストック水槽

スペック
H27.1.16立上げ
水槽:コトブキ レグラス R 600S(60×30×36cm)
水槽台:コトブキ 水槽台 プロスタイル 600S
照明:ADA アクアスカイ602
フィルター:エーハイム クラシックフィルター 2213
濾材:エーハイムメック・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 9L(付属バクテリア使用)
初期肥料:トロフィカル Base 2リットル・テトラ イニシャルスティック
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日 Main 1滴/日

30cmCUBE
H26ジブリウム作品

スペック H26.7.24立上げ
水槽:コトブキレグラス30cmCUBE
水槽台:60cm水槽用 組立2段台 ST-602(スチール製)ブラック
  照明:ADAアクアスカイ301
外部フィルター:エデニック シェルト60
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー・リング濾材
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 3L
初期肥料:トロフィカル Base 1L・テトライニシャルスティック
追加肥料:無し

20cmCUBE

スペック H26.12.1立上げ
水槽:Do!aquaキューブグラス(20×20×20)
水槽台:本棚
  照明:ニッソー LEDライトスマートタッチ
底面フィルター:トット 底面フィルター S・ニッソー MUTE(ミュート)D
CO2:無し
エアレーション:無し
底床:ナチュラルグラベルS
初期肥料・追加肥料:無し


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。