スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

春なので

春なので。
観葉植物の植え替えを行いました。
用土は市販の「観葉植物の土」です。
4月ではまだ少し早い気もしますが、思い立った時が吉ということで。

IMG_3191.jpg
(ワイドモード)

先日購入したばかりのフィクス・ベンジャミナ・バロック(左)。
嫁が摘んできた花(中央)。嫁が買ってきた植物(右)

IMG_3185.jpg
(マクロモード)

フィクス・ベンジャミナ・バロックくるくるの葉っぱが特徴的です。
「ベンジャミン」「ベンジャミンゴムの木」などとも呼ばれる、定番の観葉植物の新しい品種が「バロック」だそうです。

IMG_3192.jpg
(ワイドモード)

右から、モンステラ・ポトスエンジョイ・ポトス・アグラオネマ・多肉・ミクロソリウムディベルシフォリウムです。

モンステラハイドロコーンで育成していましたが、大分伸びてきた為、土に植え替えました。
支柱代わりに海で拾ってきた流木を使ってみました。
塩抜きしてないけど大丈夫かな…。
ポトスエンジョイは母親管理の株の先っちょを拝借して発根させています。
アグラオネマハイドロコーンで育成していましたが、片方を土に植え替えました。
成長にどれ位の差が出るか楽しみです。

IMG_3189.jpg
(魚眼モード)

東向きの窓辺で育成中のビカクシダ
何か元気ない…。なんでだろう…。

IMG_3188.jpg
(魚眼モード)

調子の良いエキノドルスオリエンタルの水上葉。
大分葉の量が増えました。
水上葉でも新芽は赤身がかって綺麗。

IMG_3182.jpg

今回の画像はコレを使って撮影してみました。
ラム稚魚撮影用マクロレンズが欲しかったので。
まだ繁殖成功してませんけどね?

使用した感想としては…。
ワイドレンズは用途と通常撮影の違いがよく解らない。
魚眼レンズはアプリで編集できる。
マクロレンズは静止している物でないと撮影が難しい。

二度と使わないかもしれないレンズも有りますが、
カメラを持っていない私のとってはマクロレンズはそれなりに使えそうです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ドイツラム人工孵化に挑戦2

前回記事からドイツラム人工孵化挑戦しようと試みているのですが…。
7回目8回目の産卵も食卵により失敗
30cmに移住してから移動不可な佐渡赤玉石産卵床にしている為、孵化まではいってくれないと、
人工孵化に挑戦も出来ません。
次回もきっと同じに産卵するだろうと思い、水槽を囲ってストレスを軽減しようか等、色々と考えていたのですが。

H27.4.11

IMG_3145.jpg

ドイツラム9回目の産卵です。

何と人工シェルター産卵してくれました。
「人工繁殖試してみな?」と言わんばかりに!

お言葉に甘えて早速サテライトシェルター毎移動。
親の猛攻にあいながらも…。
ごめんよラム。今回だけは人工繁殖でやれせておくれ…。

IMG_3147.jpg

カビ防止の為にメチレンブルー1滴投入。
まあ、サテライト稼働しているので、数時間で水が入れ替わるのですが…。
水が透明になったらまた1滴垂らす。家にいる時間は出来るだけ薄ら青色キープするよう心がけました。
気休め程度ですがね。

IMG_3152.jpg

移動から2日後
白く変色した卵が目立ちます。カビでしょうか?全体的に白いモヤがかかってる感じ。
カビた卵は針等で取り除く方法もあるようですが、翌日には孵化するだろうとそのまま放置。
帰宅したら孵化しているものと期待していたら…。

IMG_3155.jpg

カビで全滅…。

ドイツラムさん…。ごめんなさい…。
自分の手で卵をダメにしてしまうのは凹みますね…。

IMG_3153.jpg

H27.4.13
60cm新米ドイツラムペアも産卵しました。
我が家に来て5日目です。
コチラペアはほとんどしか世話をしません。
それでも産卵後2~3日は卵が残っていました。なかなか優秀ではないでしょうか。
まだ若いペアですから今後に少し期待です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ホーンウッドのトンネル

我が家のウェルカム水槽の今回のテーマは…。

「陰性の森」

有茎を一切排除し、ソイルも使わずに、管理が楽な水槽。
コレがメインテーマなのですが、もう一つ…。

「ホーンウッドのトンネルを生体が行き来する」

コレも意識してレイアウトしました。

IMG_3073.jpg

トンネルにはなっているのですが、空間が目立ちません。
そこで某カバさんの以前のレイアウトを参考にさせていただき、背面からライトをあててはどうか?と考え。

170276-1.jpg

テトラ LED水中ライト SL-60
こんなものを買ってみました。
水中用ではありますが、今回は水中には設置しません。
水中のスペースを使いたくありませんし、何より汚れますからw

IMG_3086.jpg

水槽背面、正面から見てギリギリ見えない低床との境に設置。
気持ち上向きにしてみました。
このライトには昼モード月夜モード2通りの点灯が選べます。
昼モードではブルー&ホワイトLEDが点灯し、月夜モードではブルーのみが点灯します。

IMG_3087.jpg

昼モード
IMG_3089.jpg

月夜モード

如何でしょう?
自分としては無しより良いと思うのですが。
ライト位置角度で違う演出もできそうです。

現状、上の蛍光灯のみで、水草の生育には問題なさそうですし、もほとんど生えませんので、
点灯は撮影時観賞時のみです。

IMG_3084.jpg

そうそう。
ついでにセールだったのでこんなものも購入しました。
巻きたて プレミアムグリーンモス付 カット流木 ミニサイズ
以前のウェルカム水槽に入れていたプレモスは何時の間にか消滅してしまいましたのでリベンジです。
この水槽のレイアウトに使う予定は有りませんが、一番調子の良さそうな場所で増やしたいと思います。


ちなみに、蛍光灯消灯時に、背面のLED照明だけ点けると…。

IMG_3091.jpg

昼モード

IMG_3090.jpg

月夜モード

なんか怪しい感じにw
月夜モードでは玄関全体が青く光りますw
ラ〇ホモード?!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

雲山石クリプト水槽の問題点と新たなラム

ヤマトヌマエビ20匹遮光により、糸状アオミドロ撃退した「雲山石クリプト水槽」
クリプト水槽の割にはクリプトが目立ちませんが…。

IMG_3093.jpg

元気の無かった左後景cryバランサエは大分成長しました。
今現在が丁度良い感じですかね。
もう少しするとアチコチからが出てきて苦労しそうですw

IMG_3102.jpg

右後景・クリナム・カラミストラータム トロピカも、葉が大分溶けましたが、復活してきました。
何時の間にか2株に増えてます。(増えてるのかな?)
この水草は水流を嫌うのでしょうか?
出水パイプ付近で水流に流されている葉は溶けてしまいます。

IMG_3094.jpg

アオミドロ撃退後もヤマトヌマエビはそのまま入れてあります。
その副作用ソイル漏れが激しいです。
こういうのあまり気にしない性格なのでよいのですがw

IMG_3100.jpg

ソイル漏れよりも問題はコチラ。
ベネブラバンジョーキャット用のヤマトが掻っ攫っていくことw
ヤマトさん少し移動させた方が良いかな…。
バンジョーキャットはたまに砂に埋もれているのを見かけるので生きているようですw

IMG_3096.jpg

コチラはヤマトではなく、サイアミがいなくなった弊害でしょうか。(ダイブしまして…。)
ブセ黒髭が…。

IMG_3095.jpg

フィルターを掃除して水流が強くなったのも要因の一つかもしれません。
未だハイター漬けになってるリリィパイプに変えればマシになるかな…。
それと、陰性水槽アクアスカイ602光量が多いかなと、1灯のみに変更。

H27.4.8
やはりサイアミの力は必要だと思い、さかなの森さんで2匹購入。
ついで(?)になかなか売れないドイツラムペアをお迎えしました。

IMG_3142.jpg

元々この水槽にいたペアを30cmに移動して以後、主役不在でした。
産卵が成功したら戻すつもりでしたが、なかなか成功しないので…。
画像はお迎えした翌々日、照明点灯後1時間もしない状態ですが、なかなかの発色です。

混泳では繁殖は期待薄ですが、この水槽を眺める楽しみが一つ増えました。
元気に育ってほしい…。

IMG_3097.jpg

最近斜め写真を練習中w
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

白い何か

YOOMEの指令により立ち上げることとなった侘び草有茎MIXinオーバル17

IMG_3063.jpg

侘び草は順調に成長しています。
今迄手動で出社前~帰宅まで照明が付きっぱなしでしたが、隣の20cmCUBEエンドラーズ水槽の為に、
タイマー管理に切り替え、後は足し水だけ♪なんて思ってたら…。
解りますかね?オーバルの淵に「白い何か」 がいるのが…。
(ガン〇ムじゃないですよ?)

IMG_3064.jpg

何だチミは!
よく見ると、ロタラにも白い小さいのがうじゃうじゃ…。
気持ち悪い…。
アブラムシ正体は解りませんがそんなことはどうでもいいのです。
一刻も早く何とかしなくては…。

IMG_3065.jpg

侘び草を取り出し、低床の田砂オーバルを綺麗に洗浄
水をはっておきます。

IMG_3066.jpg

侘び草は一旦屋外水槽へドボン。
以前何かで読んだ気がする…。
が湧いたら水没させると…。
ブログ読んでて良かったよ~。
どなかの記事を読んでなければ、こんな対処法思いつかなかったかも。
朝~夕方までこのまま放置しておきました。

虫に食われた?黒ずんだ葉はカットして再セット
コレで退治出来たかな?

数日後。
まだいるよ…。なんだよコイツ…。
今度はオーバル17毎水槽に沈めてやりました。
よく調べてみると、何回か水没を繰り返したり、水中で葉をゆすったりした方が良いようです。

現在も未だ格闘中なのですが、大分葉がやられてしまいました。
蜘蛛の巣のようなものを張っているのでハダニのようです。
生体無しなので薬品使ってみようかな…。

侘び草の季節。
害虫にはお気を付けを…。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

陰性の森を目指して2

大分「陰性の森」らしくなってきた我が家のウェルカム水槽

先日から立て続けに3匹ステルバイが☆に…。
見たところ病気の類ではないっぽい。コリ用の餌はたまにしか与えていなかったので餓死でしょうか。
我が家のステルバイをあげてもがっつきに来なかったんですよね。
餌の量を増やしたところ、残り2匹ステルバイコンコロールも元気です。
餓死だったらかわいそうなことをしてしまいました…。ごめんよ。

IMG_3019.jpg

さて、かなり悩んで決定した中央後景シペルス
これはこれで良いとも思うのですが…。
自分的にどうも違和感が有ります。
購入した時からこの大きさだったのですが、葉が長すぎる…。
一度バッサリいってしまおうと思ったのですが、思い切って違う水草に変更もしてみたい。
そもそも陰性の森がテーマですしね…。

そう思っていたある日、水槽のある暮らしymmtさんが、水上葉の豊富な某ショップに行くということで。
図々しくも、ついでに狙っていた水草を買ってきてもらうことに。

IMG_3041.jpg

取りに伺うつもりが、買ってきて職場まで届けてくれるという…。
ymmtさんありがとうございました!

IMG_3042.jpg

頼んだ水草はコレ。
アヌビアス・バルテリー
少し小さめですね。
右の2株アヌビアス・コーヒーフォリア
サイズは小さめではありますが、1株の価格で何故か2株

コレ全部で1,450円也。
値段おかしいでしょw

IMG_3073.jpg

配置してみました。
バルテリーシペルスを左にずらし、中央流木の後ろに配置。
まだ小さく正面からは全く見えませんw
シペルス撤去予定
(でかくて送るの大変なので、家に取りに来れる方で欲しい方がいれば差し上げます。)
コーヒーフォリア前景両端に配置。
こちらもまだ目立ちませんが成長すれば存在感が出てくるはず。

この水槽は一応水上葉の展開を目指しているのですが。

IMG_3039.jpg

ボルビティスが徐々に水面突破してきました。
この辺りのボルビさかなの森さんで新規に購入した
極太の茎でしたがコレも安かった。

IMG_3058.jpg

水上に出てる部分は葉の途中部分から水上葉になるのでしょうか?
この先どうなるのか楽しみです。

後は水草が茂るのをゆっくり待つだけの予定です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

姫睡蓮の花を咲かせたい3

H27.3.26
先日はやっと睡蓮鉢用の姫睡蓮を植え替えましたが、まだまだが残っています。
新たにビオ用の鉢を購入する気はなかったのですが…。

IMG_3031.jpg

家にこんなのが有りました。

ひょうたん池

以前、祖父がランチュウを飼育していた物です。
残念ながらランチュウは1匹残らず何かに食べられてしまいました。
金網で蓋がしてあったことを考えるとの仕業のようです…。

コレならアレが入るんじゃないか?
アレですよ。

巨大溶岩石!

丁度良い感じに収まるんじゃないでしょうか。

………(重い)

……



IMG_3032.jpg

入らない…。
入りそうで入らない…。

少し立てればこの通り入るのですがね。
これでも問題無いし、せっかく苦労して持ち帰った溶岩石ですから、このまま使用することにします。

IMG_3030.jpg

今回使用した用土はホムセンで購入した水生植物の土
5号浅鉢スティック肥料2本。小さい姫睡蓮といえど5号くらいの大きさの浅鉢が良いそうです。
でも、睡蓮鉢に入れるのはちょっと大きいかなという気がします。
睡蓮だけ育てるなら良いですが、レイアウトを試みるとなるとちょっと手狭な感じですかね。

IMG_3033.jpg

溶岩石が場所とりすぎw
右側2鉢ギリギリで入りましたw
の鉢は、名前が解らない水生植物です。
共に、下に軽石を敷き高さを調整しています。

コレで同じ姫睡蓮が合計5鉢とおまけ。
今年こそ無事咲いてくれると良いなあ…。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ドイツラム人工孵化に挑戦

前回またまた失敗に終わったドイツラム繁殖…。

H27.3.15
ホワイトデーに燃え上がったのか?

IMG_2988.jpg

ドイツラム7回目の産卵です。

前回と同じ、佐渡赤玉石裏側に産卵。
今回は孵化後稚魚隔離し、人工繁殖チャレンジしようと思います。
準備として、孵化前にサテライトL設置
サテライトを設置するとどうしても足し水しなくてはならないので、孵化前に設置しました。
卵の状態の方が負担が少ないでしょう。

と、思ったら敢え無く食卵…。

エアー音が気に入らなかったのか?
足し水がいけなかったのか?

人工繁殖は次回に持ち越しです。
サテライトはそのままにしておきます。慣れてもらわないと…。

この後、を追い掛け回し、の色がすっかり落ちてしまいました。
狭い環境にアテも無しではこうなりますかね…。
暫くこの状況が続き心配していたのですが。

IMG_3057.jpg

H27.4.1
婚姻色が戻りました。
産卵間近なようです。

IMG_3056.jpg

はこの発色
普段からあまり色が落ちませんが、やはり、産卵前の美しさは別格ですね。
スーパードイツラム状態ですw

IMG_3060.jpg

H27.4.2

ドイツラム8回目の産卵です。

IMG_3062.png

今度はココ。
見易い場所に産卵してくれましたw

問題はどのタイミングで隔離するか?
移動不可の為、孵化前無理…。
孵化後から浮上までの間がベストかなと思います。

とか考えてたら…。

また食卵…。

1歩進んで3歩ぐらい下がってます…。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

睡蓮鉢手直し

先日立ち上げた(?)睡蓮鉢ビオトープ。今年の目標

姫睡蓮の花を咲かせること。」

なのですが。Aquatic plants and aquarium with catsうりぼうさんからの、
「水生植物は鉢に植えた方が良い。」というアドバイスと、
どうにも気に入らないレイアウトが嫌で手直しすることにしました。

H27.4.3
天気はまたもや…。車庫の中で作業です。
立ち上げから約2週間が経過しましたが…。
コッケコケですw
やはり用土が多かったかな…。

用土はそのまま使用し、水生植物植え替え
残りの用土は捨て、底には「水生植物の土」を。
娘が袋をビリビリに破いてくれたので使い切りましたw

IMG_3067.jpg

新3号器
姫睡蓮 3号鉢
ラセンイ

IMG_3068.jpg

新2号器
姫睡蓮 3.5号鉢
昨年ホムセンで購入した寄せ植え

IMG_3069.jpg

新1号器
姫睡蓮 4号鉢
〇ャームおまかせ3種水辺植物(ウォーターミント・ミニパピルス・アサザ夕日

IMG_3078.jpg

前回のレイアウトよりはマシになった気がしますが…。
なかなか難しいものですね…。
まあ、今年はコレでいこうと思います。

IMG_3079.jpg

ボウフラ対策を兼ねメダカを入れる予定なのですが…。
遊泳スペースあまりないな…。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

茶番ゲリオン2~第弐話~

は~い皆さん!
初めましてかしら?

img_10.jpg

あたしは葛磯ミサト
特務機関Cry.戦術作戦部作戦局第一課所属EVI戦闘指揮官よ。

どうやら厄介な使徒が現れたようね…。

第4の使徒・糸状アオミドロ…か…。

では、今回の作戦を説明するわ。
H27.3.15。0700。
磯指令が手配した兵器の水合わせ終了と同時に作戦開始
汎用蝦型決戦兵器 ヤマトヌマEVI×20機遮光2方面からの同時攻撃よ。

作戦開始前に10L換水よ。

IMG_2986.jpg

これは?
指令が〇ャームに手配したという記録は無いわね。
PSBQ10(ピーエスビーキュート)?
〇ャームも粋なことしてくれるわね。「こけ発生抑制」って書いてあるわ。
丁度良いからこれも投入して。
奇跡を待つより捨て身の努力よ!

でもコレ、ちょっと臭うわね…。硫黄の臭いがするわ…。
使う時は気を付けた方が良いわよ…。

さあ!準備は良い?作戦開始よ!
EVI全機発進位置へ。

EVI発進!!

IMG_2987.jpg

これは総力戦よ!要塞都市全ての迎撃設備を特化運用
わずかでもいい!使徒増殖をくいとめて!


IMG_3002.jpg

H27.3.19
どう?使徒殲滅できたかしら?
遮光3日の予定だったけど、初日は防御壁が取れていたから作戦を1日延長。合計4日間の成果よ。

ん~。ちょっち残ってるわね…。
でも殆どは殲滅出来たわね。残った使徒はちょっと様子をみましょう。
EVIに任せれば大丈夫かもしれないわ。
あら。希望的観測は人が生きていくための必需品よ?

H27.3.27
EVI遮光同時作戦終了から約1週間後。

さあ、使徒の様子はどう??
よ~く観察するのよ。少しでも残ってたらOUTよ。

IMG_3035.jpg

右サイド
コチラは使徒は目視できません。
クリアー!

IMG_3034.jpg

左サイド
コチラもクリアー!

オールクリアー!使徒殲滅を確認!

よっしゃー!!

BvJ8WvdCEAAEZy7.jpg

ぷはーーーー!!!
くぅーーーっ!!!


勝利の後のビールは格別ね!
でも、これで暫くは私達の出番は無さそうね…。
この次はサービス、サービス♪しようと思ってたんだけど…。残念だわ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

一大プロジェクト始動

2020年リニューアルオープンを目指す私の職場である某施設
リニューアルのメインプランとして、一大プロジェクトが始動しました。
そのプロジェクトとは…。

世界一大きい円筒形の水槽の設置!

参考にしたのは、ベルリンにある「ラディソン ブル ホテル」
ホテルのロビー中央に設置されている、世界一大きい円筒形の水槽「AquaDoms」

radisson-blu-hotel-aquarium-scuba-diving-berlin-5.jpg

高さがなんと25mもあり、 100万リットルの海水の中を約1,500匹の熱帯魚が泳いでいる。

現在はこの水槽が「世界一大きい円筒形の水槽」なわけですが、コレを越えなければ世界一になれません。
そこで、今回は高さ30m円筒形の水槽を設置することにしました。

この水槽にマグロ・カツオ・イワシ・サバ等の魚を泳がせます。
勿論観賞目的も兼ねるわけですが、当社では食用として飼育するのです。
直営のレストランで正に獲れたての鮮魚が味わえるのです。

毎日200kg級まぐろを捕獲し、その場で解体。

tunaking_liveshow_pic01.jpg

「すしざん〇い」のあの人もびっくり!

海の中で時速約90kmのスピードで止まることなく泳ぎ続けるまぐろのようにこの一大プロジェクトは進行中!
静岡へお越しの際は是非当社にお立ち寄り下さい!

重大なのはココから。

なんと私が巨大水槽のレイアウトをすることになりました!

レイアウトと言っても底の部分にサンゴ礁等を配置するだけなのですが。
しかし私は海水は全くの未経験…。
そこで来る日の為に…。

我が家の水槽を全て海水に移行します!

本日4月1日から海水の猛勉強です!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

« »

04 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

磯自慢焼津

Author:磯自慢焼津
東海水草一家
Tokai Aquaplants Family
通称TAF
ご参加お待ちしております。

画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
アクセスカウンター
検索フォーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ウェルカム水槽

スペック H27.1.29立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L(60×45×45cm)
水槽台: ウッドキャビネット ダークブラウン 600×450
  照明:アクシー ニューツイン 600 WW球 ブラックエディション
外部フィルター:エーハイム プロフェッショナル3 2073
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー ・バイオメック・メックプロ
底面フィルター:プロジェクトフィルター プラス
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 16mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:田村商店 溶岩砂 4㍑ ×4袋
初期肥料・追加肥料:今のところ無し

60cm水槽

スペック H26.11.7立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L LOW(60×45×36cm)
水槽台:コトブキ プロスタイル 600S ホワイト
  照明:ADAアクアスカイ602
外部フィルター:エーハイム エコ コンフォート 2234
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー・田砂
初期肥料:トロフィカル Base
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日

ストック水槽

スペック
H27.1.16立上げ
水槽:コトブキ レグラス R 600S(60×30×36cm)
水槽台:コトブキ 水槽台 プロスタイル 600S
照明:ADA アクアスカイ602
フィルター:エーハイム クラシックフィルター 2213
濾材:エーハイムメック・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 9L(付属バクテリア使用)
初期肥料:トロフィカル Base 2リットル・テトラ イニシャルスティック
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日 Main 1滴/日

30cmCUBE
H26ジブリウム作品

スペック H26.7.24立上げ
水槽:コトブキレグラス30cmCUBE
水槽台:60cm水槽用 組立2段台 ST-602(スチール製)ブラック
  照明:ADAアクアスカイ301
外部フィルター:エデニック シェルト60
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー・リング濾材
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 3L
初期肥料:トロフィカル Base 1L・テトライニシャルスティック
追加肥料:無し

20cmCUBE

スペック H26.12.1立上げ
水槽:Do!aquaキューブグラス(20×20×20)
水槽台:本棚
  照明:ニッソー LEDライトスマートタッチ
底面フィルター:トット 底面フィルター S・ニッソー MUTE(ミュート)D
CO2:無し
エアレーション:無し
底床:ナチュラルグラベルS
初期肥料・追加肥料:無し


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。