スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ウェルカム水槽~構図編~

こんにちは。
ウェルカム水槽を設置することになった我が家。
今回は構図編です。

振り返ると、1作目はマンガ家であり、ブログ村でもお馴染みのタナカカツキさんのレイアウトを。
2作目は、ADAのレイアウト、AJ209の表紙となっているレイアウトを参考にしました。

参考にしたというか…。

パクリました!

出来栄えこそ本家の足元にも及びませんが構図は完全にパクリです。
ですから、皆さんが水槽立上げの際にされているスケッチはしたことありません。
画像を見ながらやっていますので。

昔から無から創造で創るのは苦手でして。
お手本を自分流にアレンジして作るのが得意なんだと自覚しております。

創造力が無いんですね。

ですから今回のレイアウトもパクリです。

今回のターゲットは………

アクアフォレストさんの木化石レイアウトです!

元々木化石をレイアウトに使ってみたいというのがありまして。
木化石レイアウトで検索して一番気に入ったのがアクアフォレストさんの作品でした。

木化石レイアウトってあまりやっている方いないんでしょうか?ヒットする件数が少なかったです。

アクアフォレストさんに行った事はありませんが、皆様のブログを拝見する限り、画像の掲載はNGのようなので控えさせていただきます。

アクアリストの方は自分で創造しレイアウトを創っている方が多いですよね。
自分は今のところ他人の作品をパクッてるだけなので、

パクアリスト

とでも自称しましょう…。

さて、はりきってパクリますよ!

今回も素材は「さかなの森」さんで購入です。

木化石

ドーン!

お店にあった木化石全て購入しました。これで18kg位だったかな。

木化石①

これを洗っていきますよ~!

木化石②

ゴシゴシゴシ…

半分いったか?まだか!寒いよ!
と、格闘しつつ…。

木化石③

ゴシゴシゴシゴシ…

全て洗い終わりました。
冬のこの作業はしんどいです…。

さあ!セット開始です。

低床ベース

パミス(軽石)中粒6Lをネットに入れてバクター100を撒きます。

パミスを敷く理由は、多孔質でバクテリアの住処になり通水性が良く、嫌気的になるのを防ぎますetc…
とありましたが実際のところはわかりません。
ただ、今回はソイルをかなり盛るつもりなので底上げにはなります。

バクター100は今回初使用。説明書によると…

「使用量の目安は、パワーサンド2Lに対して付属のスプーンですり切り3杯です。」

とあります。
パワーサンドつかってねえし!なんてわかりにくい説明でしょうか…。
よくわからぬまま、パミス6L使ったから9杯でいいのかな?パワーサンドも軽石ですしね…。
と、適当に撒いていきます。

その上に園芸用ネットを被せます。

ソイル投入

その上からソイルを2~3cm敷いていきます。
ソイルは水草一番サンド。

今回目指すは山岳レイアウトです。
貼ったテープは白銀比のラインです。縦のラインと横の下のラインの交わるところが消失点となります。

レイアウト開始

遠近感を出す為に大きな石を手前に配置していきます。

盛り土

後ろに盛り土していきます。
この山の頂点が消失点です。

ソイル足りず

いきなり進んでしまいました…。
夢中で撮影忘れましたよ。

そしてここでソイル16kg使い切りました。

この日は〇ャームでソイル8kgポチって終了です。

翌々日ソイルが届き、

構図完成

完成!

どうでしょうか?
自分では上手くいったと思っております。

横から見ると

左サイド

左サイド

右サイド

右サイド

ここまで盛りました!

ふー…満足。

妹を呼んで、「どお?」と聞くと

「ビッグサンダーマウンテンみたい…。」


嫁を呼んで、「どお?」と聞くと
「ビッグサンダーマウンテンみたい…。」

まあ…言われてみれば…

ぽいよね?

ポチッとしていただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ウェルカム水槽~お買い物編~

こんにちは。

突然ですが、我が家に
ウェルカム水槽
を設置することになりました!

現在、私の生活スペースは主に2F。
ですから我が家の水槽は2Fに設置しています。

嫁以外が水槽を見る機会は、ほぼありません。
そこで、家族から「皆が見れる所に水槽を置こう」との依頼が!

しかも軍資金は家族持ち!
(ココダイジ!)
これはもうやるしかない!家族の気が変わらない内に!!

どうせなら玄関に設置してお客さんにも見てもらおうということになり、
我が家にウェルカム水槽を設置することが決定しました。

玄関に設置するということで、スペース・インパクトを考慮し、60cm水槽にします。
30cmじゃインパクトに欠けるし、90cmじゃ置くスペースがないし、中途半端なサイズは器具の品揃えが悪いし高くつくしってとこです。

早速〇ャームでポチッと。

荷物

ドーン!

大量の荷物が到着しました。
せっせと開封作業………


荷物開封

こちらが今回購入したものです。
先ずは後ろの水槽。
・レグラスフラット F 600L(60×45×45)
水槽台
・ウッドキャビ ダークブラウン(組立済み)

今回、水槽は60cmですが、奥行き・高さが45cmなのでかなり大きく感じます。

机の上は左から

・水草一番サンド 8kg×2袋
・ウレタンサイコロ(おまけ)
・テトラ イニシャルスティック 300g
・水草職人 CO2フルセット 60cm水槽用(タイマー付き)
・風山石 S・M サイズミックス 5kg(おまけ)
・ダブルタップ(直径16/22)×2個
・エーハイム プロフェッショナル3 2073


です。
(本当は水草職人の流量調節可能なタイプが良かったのですが、売切でしたので…。)

アクアスカイ602

毎度の「さかなの森」さんではこれを購入。

・アクアスカイ602
・NAサーモメーター(6mm用)


これで一通り器材が揃いました!

早速玄関前にセット!

水槽セット

余ってた流木入れてみました。
今回のレイアウトには使う予定ありませんが。

そんなことよりさすがアクアスカイ2灯!

眩しいくらい明るいです。

これ点いてる間は他の灯りはいりませんね。

ただ、やはり配線が2本あるのがね~…
コンセントも2個必要だし。

この辺、何とかならなかったんですかね?

エーハイム

こちらは今回初使用の、

エーハイム プロフェッショナル3 2073

皆さん言われるようにでかいです。

60cm水槽には少々オーバースペックだと思ったんですが、エア噛みの少なさや音の小ささ、
何と言ってもろ過容量の大きさ
(エーハイム500のろ過容量が約3Lに対し、2073のろ過容量は7.4L。値段も倍以上ですが…。)
を考慮し、今回はプロフェッショナルにしました。


まあ、一番の理由は「使ってみたかった!」からですが…。

付属のろ材は上から、

・プレフィルター用粗目パッド
・細目パッド
・サブストラット プロ レギュラー
・バイオメック
・メックプロ


です。これをそのまま使用します。

ろ材を水が透明になるまで洗いセット完了。
(説明書によると、水槽台に入れる際は、フィルター上方に15cmのスペースが必要ですよ。)

これで立上げ準備は整いました。
私にとって1年で一番忙しいこの時期に立上げとは少々無謀な気もしますが、我慢できる自信がないのできっと強行してしまうと思います。
というかする気満々です。

ポチッとしていただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

30cmCUBE流木追加

こんにちは。
先日苔退治を行った30cmCUBE。

H25.10.24


こんな感じなんですが、後ろにリシアストーンに巻いて置いてあるボルビが全く目立ちません。
大分葉をカットしましたし、手前にナローリーフを置いたので余計に目立たなくなりました。

そこで!
「ボルビをもっと見えるようにしよう作戦」を開始です。

いつものショップ。「さかなの森」さんでこんなものを購入。

未処理流木

未処理流木×2本

未処理なのでアク抜きが必要ですが安くて形のいいものが揃ってましたよ。

これを本来は1週間程水に漬けておくらしいのですが、3日程漬けて、さほど色もアクも出なかったので良しとしました。


色々試した結果…

H25.11.1⑤

こうなりました。

2本入れるとなんかうるさい感じになるので左の1本を使用。

流木の上にボルビを巻いたので見えやすく…


なってますか?

H25.11.1⑥

少し斜め上のアングルから。

レイアウト的に良くなったのか悪くなったのか…。

それさえ判断出来かねます…。

11.8

現在は少し角度を変えてこうなってます。

ブランチウッドとトンネルを作ってみました。

未処理流木にもモスを巻いて一体化させようかと思います。

このレイアウト…。

11.8①

側面から見るとこうなってます。

横に60cmが置いてあるので撮影が変な角度ですが、
コチラのほうがボルビが良く見えます。
レイアウト的にも悪くないと思うんですが…。

皆さんどう思いますか?

作戦的にはコチラのほうが良いのかな。

ポチッとしていただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

タイマー管理

こんにちは。
以前30cmCUBEに苔が発生した記事を書きました。
その大きな要因として我が家の照明の点灯時間が挙げられると思います。

私の出勤時間は大体7時~8時の間です。出勤時間に合わせ、起きた時に照明CO2をONにして、餌をあげて出勤。18時~19時に帰宅後、照明とCO2をOFF。
つまり10~12時間/日、照明を点けていることになります。

水草育成に最適な照明時間は8時間~10時間とされています。
特に30cmCUBEは照明がアクアスカイです。アクアスカイの強行を長時間照射し続けたのが苔の発生の要因の1つだと考えられます。

以前からタイマー管理は考えていたんですが、この度、taketatuさんに貴重なアドバイスをいただきまして、照明をタイマー管理することにしました。

早速〇ャームでポチッと。

タイマー

デジタルプログラムタイマー・チャーボにおまかせ です。
右は毎回頼むのを忘れがちなおまけ。ネオプロス試供品です。

ここで悩んだのが照明の点灯時間です。
先ず、CO2は電磁弁が無いので手動です。餌ももちろん手動です。
なので照明点灯時にCO2添加を開始・消灯時には添加中止しなければなりません。
ということで自動的に点灯時間を出勤時間に合わせることになります。

とすると、7時ON・15時OFFで8時間です。
しかし、この時間にすると照明が点灯している水槽を出勤前しか見ることができません…。
他に選択肢が無いので仕方ありませんが…。

理想は電磁弁を購入し、14時ON・22時OFFにすると、帰宅後、ビールを飲みながら皆様のブログを拝見しつつ水槽も見れるんですが…。

電磁弁を購入したとして、徐々に時間をずらすって難しくないですか?
徐々にってどれくらいの間隔なんでしょう。

まあ、休日に水槽を見れるありがたみが増えたということで良しとしましょう。


今日CO2ボンベが空になったので交換したら…。
勢い良く漏れてるではありませんか。ものの5分で空になりました…。
以前CO2レギュレーターの痛んだ0リングを裏がえして使用していたんですが、それも限界にきたようです。
いつも通り〇ャームで検索してみると…

メーカー欠品中・入荷期日未定

メーカーの説明書で劣化したら別売りの0リングをお買い求め下さい。と書きながら欠品とは。
メーカー直の通販もありませんし。
あと、説明書に0リングの詳細を記載すべきですね。
0リングは製造時期の違いで10mm15mmがあるんですが、内径が10mm、外径が15mmなんです。
どっちだよと。
もっとユーザーを大事にしてほしいものです。

ポチッとしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

レイアウト変更

こんにちは。
今回は以前記事にした「ある事情」が大きく絡んできます。
それは、ラピュタ化を待つ60cm水槽の前景。
先日、ウェンティブラウンが思わぬ所から顔を出したので、抜こうとした時…

H25.10.23

焦って画像撮り忘れましたが、左側のモスが全部剥がれましたw
覚悟はしていたんですが以外に早く「その時」が来てしまいました。

H25.10.23①

見るも無残な廃墟と化した左サイド。
以前ラピュタ化したらリセットだと言いましたが、これは超予定外!
ソイルは大部分が前回レイアウトの使いまわしなのでもう寿命なんですが、
前面に汚れが溜まっていますが、粒は結構しっかりしています。以外にも。
これから年末・年始にかけ繁忙期を迎える仕事。今リセットにかける時間もお金も無い。
かといってそのまま放置も気が進みません。
というわけで今回は前景草の交換ということにします!

一気に右側のモスも…

H25.11.1

ベリベリベリ!!

気持ち良いw

H25.11.1①

溜まった低床の汚れを吸い出してさっぱりしました。

さて、次の前景草はなににしよう。
もうソイルに栄養分がほとんど残っていないでしょうから、有茎草や根を張る水草は避けたいところです。

悩んだ末、選んだのがこちら。

リシア

リシアです。

タイルにリシアを巻いたリシアタイルなるものを6個購入。
これをただ置くだけです。簡単。

H25.11.1②

ちょっと足りない気もしますがきっと直ぐに増えるでしょう。

H25.11.1③

リシアの緑ってほんとにキレイですよね。
モスの深緑も好きですが、リシアの明るい緑と気泡で低床が覆われるのが楽しみです。

H25.11.1④

少しピンナティフィダをトリミングして今回のレイアウト変更は終了です。
そんなこんなでモスが大量に収穫されたわけです。

それにしても右側のバランサエが邪魔ですね…。

あ、そうだ。一番上の写真にゴールデンハニードワーフグラミーが写ってますが、久しぶりに生体の追加です。
2匹いたんですがずいぶん前に1匹ダイブしちゃったので…。

ポチッとしていただけると更新の励みになります。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

すみだ水族館

こんにちは。
先日家族サービスで東京ディズニーランドに行ってきました。
30周年・ハロウィンイベントで仮装をやっていて、超混雑してました…。
元々ディズニーランドはあまり好きではない自分でも、初めて子供と行くディズニーランドはそこそこ楽しめました。
子供はまだ8ヶ月なので、憶えてないでしょうし、乗れるアトラクションも限られましたが。

シンデレラ城

なぜ画像が横に…。そんなことさえできない素人ですがご容赦下さい。

2日目はスカイツリー横浜中華街に。

スカイツリー

また横…。

スカイツリーはつい最近、会社の旅行で行ったのですが時間が無くてすみだ水族館に行けなかったんです。
以前から行きたかった水族館にやっと行くことができました。
当日は葛飾北斎のイベントが開催されており、葛飾北斎が描いた水生生物が展示されていました。

入場して階段を上るとお目当てのゾーンです。

水のきらめき~自然水景~

ADAが手掛けた巨大水槽がドーン。

人が多くて全景は撮れませんでした…。

その横にはオープンアクアリウムの水槽が2つ並んでいます。

墨田水族館1

ドーン!

墨田水族館2

水中部。

墨田水族館3

ドドーン!

墨田水族館4

水中部。

最早つまらない感想は不要の素晴らしさです。

墨田水族館5

こちらはオープンアクアリウムではありませんが、味のある素晴らしい水景です。

墨田水族館6

奥の巨大水槽の一部です。
このミクロソリウムピンナティフィダロタラの完璧なバランス!
これぞ自分の理想という水景です。

どの水槽も陰性水草がメインですね。やはり管理のし易さ等を考えたものなのでしょうか?

自分は水族館は好きで色々と行きましたが、熱帯魚を展示をしている所って記憶に無いです。
もっとこういう作品を展示する所が増えてくれるとうれしいのですが。

墨田水族館8

また横の画像ですが、売店にこんなものが。

欲しい!

けど4,830円…。無理です。無念…。

ポチッとしていただけると更新の励みになります。

画像を縦にする方法も教えていただけると助かります…。
JPEGをペイントで縦にして保存してるんですが、アップロードすると横になります…。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

« »

11 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

磯自慢焼津

Author:磯自慢焼津
東海水草一家
Tokai Aquaplants Family
通称TAF
ご参加お待ちしております。

画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
アクセスカウンター
検索フォーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ウェルカム水槽

スペック H27.1.29立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L(60×45×45cm)
水槽台: ウッドキャビネット ダークブラウン 600×450
  照明:アクシー ニューツイン 600 WW球 ブラックエディション
外部フィルター:エーハイム プロフェッショナル3 2073
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー ・バイオメック・メックプロ
底面フィルター:プロジェクトフィルター プラス
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 16mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:田村商店 溶岩砂 4㍑ ×4袋
初期肥料・追加肥料:今のところ無し

60cm水槽

スペック H26.11.7立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L LOW(60×45×36cm)
水槽台:コトブキ プロスタイル 600S ホワイト
  照明:ADAアクアスカイ602
外部フィルター:エーハイム エコ コンフォート 2234
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー・田砂
初期肥料:トロフィカル Base
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日

ストック水槽

スペック
H27.1.16立上げ
水槽:コトブキ レグラス R 600S(60×30×36cm)
水槽台:コトブキ 水槽台 プロスタイル 600S
照明:ADA アクアスカイ602
フィルター:エーハイム クラシックフィルター 2213
濾材:エーハイムメック・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 9L(付属バクテリア使用)
初期肥料:トロフィカル Base 2リットル・テトラ イニシャルスティック
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日 Main 1滴/日

30cmCUBE
H26ジブリウム作品

スペック H26.7.24立上げ
水槽:コトブキレグラス30cmCUBE
水槽台:60cm水槽用 組立2段台 ST-602(スチール製)ブラック
  照明:ADAアクアスカイ301
外部フィルター:エデニック シェルト60
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー・リング濾材
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 3L
初期肥料:トロフィカル Base 1L・テトライニシャルスティック
追加肥料:無し

20cmCUBE

スペック H26.12.1立上げ
水槽:Do!aquaキューブグラス(20×20×20)
水槽台:本棚
  照明:ニッソー LEDライトスマートタッチ
底面フィルター:トット 底面フィルター S・ニッソー MUTE(ミュート)D
CO2:無し
エアレーション:無し
底床:ナチュラルグラベルS
初期肥料・追加肥料:無し


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。