スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ミニアクアテラリウム

こんにちは。
さて、今回は水槽以外のミニアクアテラをご紹介します。
先ずは「アクアテラリウムVer.2」の残骸。

S30セット前

こんな状態のまま放置していました。
何かしようと思いつつも、時間もお金も無いので放置していましたが、
先日薬局に行ったらなんとこんなものが売ってました。

薬局の砂利

いい感じの砂利。しかも安い。200円くらいだったかな。
嫁に「買って下さい。」とお願いしたらすんなりOKだったので購入してきました。

夕方の忙しい時間に、チャチャッとセット開始。

S30完成

初代レイアウトで使用した庭にあった石を足して完成。10分かかってないと思います。
少し寂しい気もしますが、とりあえずはこれで完成です。
中古のプラントグラスシリンダー3010海で拾った流木庭の石
なんて経済的なレイアウトでしょうかw

続いてはこちら。

S20全景


プラントグラスシリンダー2010アクアグラベルS(砂利)を敷いて〇ャームの風山石で初の石組みレイアウトです。
これに60cm雲山石レイアウトで糞程増えるハイグロフィラピンナティフィダ植栽。

養分も照明もCO2も無いこの状況でどのくらい成長するかの実験を兼ね植栽しました。
9月19日に植栽し、現在10月29日。
1ヶ月以上経過しましたが、枯れもせずに成長も確認できません。


おまけ

睡蓮鉢4.17

今年は睡蓮鉢で姫睡蓮を育てましたが花を咲かせることができませんでした。
来年は咲くと良いな~。

ポチッとしていただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

アクアテラリウムVer2

こんにちはー!久しぶりの更新です。
今回は以前からひっぱってきたネタ。アクアテラリウムです。
といってもど素人のお遊びですので参考にはなりませんよー。

まずは前作の現状。

最後のアクアテラ

なんか切ない状況です…。嫁に貰われていった?ハイドロカルチャーは皆さん枯れかけてます…。かわいそうに。
そしてシリンダーグラスの中には気持ち悪いからいらないと言われた赤い草だけになってました。
モスやオークロ・ウォーターマッシュルームは良い感じに水上化しました。
以前から次回レイアウトを考えていましたが、正直未だ構想が固まっていません。が、今日は時間ができたので急遽リセット決行することにしました。

グラステリアキューブ20H

やっとこれを使う日がきました!
グラステリアキューブ200H
置く場所の都合によりこのサイズとなったわけですが、20×20は小さいですね。
色々試しながら思いましたが、やっぱり最低30×30はないと素材が限定されてしまいますね。
まあ、腕のある方ならサイズに合わせたレイアウトが可能なのでしょうが。
私にはこのサイズは小さすぎて今までの手持ちの素材やら機材のほとんどが使えず難しいレイアウトでした。

底面説明

先ず第一の誤算は高さが調整できる底面フィルターが水槽に入らなかったこと…。
入るものだと思い込んでました…。

ポンプ付底面フィルター

そこでホムセンに走りコレを購入。水中ポンプ付き底面フィルターです。これを底にセット。そして今回は低床にホムセンで売っているナチュラルグラベルMを使用。

底面セット完了

水位を上げたくないので水中ポンプ→エルボで高さを低くしました。この為に水中ポンプにしたわけですが。


ここから手持ちの素材の中でも水槽に入る素材を引っ張り出し、あ~でもない、こ~でもないを繰りかえり…。

レイアウト考察3

こんなのからの~

レイアウト考察2

こんなのや。流木から水が滝のように流れる感じが良いかなと…。

レイアウト考察1

色々試した結果、雲山石と溶岩石でこんな感じにしました~。
素材が少ない分、割と直ぐに決まりました。いけてるかいけてないかは別として…。

レイアウト1上から

上から撮影。右端が切れてる…。
ここから植栽に入ります。元々陰性水草でレイアウトするつもりでした。
だって初代60cmで使っていたのが余ってるから…。

植栽後

というこで、バケツで眠っていたナナを分解して植栽。
本当は水槽のサイズから考えてプチナナにしたかったんですが、まだこちらに回せる程増えていませんので。

注水後

注水。
注水して撮影すると何だか解らない…。撮影の腕も無いのでこれが限界です。

ここで初めて水中ポンプを稼動。
水流つえ~~~!!!

これはまた予想外!もっと緩やかな水流だと思ってました…。

石の間に挟んだり表面に置いたモスやナナが暴走モードです。

完成1

そこでまたレイアウトを少し変更。
エルボを流木で隠し、水流を流木と石で抑えて良い感じになりました。
今のところこれが今作の完成系です。

完成2

完成3

水中のみを撮影するのと違ってアクアテラは全てを伝えるのが難しいです…。

お金があればポンプの裏にバルテリーでも置きたいんですが、何せ年中金欠ですので今回はこれで完成としました。
生体を入れるかどうかは検討中です。遊泳スペースが無いからやめた方が良いかな?


見返すと酷い文章ですがご容赦下さい…。


ポチッとしていただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

アクアテラリウム立ち上げ

こんにちは。以前「記事がリアルタイムになりました。」と報告しましたが、もう一つ過去記事がありましたので紹介しておきます。

さて、今回はアクアテラリウムの立ち上げです。立ち上げたのは今年の1月。きっかけはDo!apuaプラントグラスシリンダー(直径30cmくらい)が中古で安く売られていたのを見かけ、これで何かやろう!と購入したのがきっかけです。

先ずはテラ部分の土台となる流木を買いに…。いや、待てよ。60cm、30cmと立て続けに立ち上げてきた為、今自分にあるのは嫁ローンの借金のみ。流木買ってる場合じゃありません。
そこで、嫁と友人に手伝ってもらい、海に流木を拾いに行きました。山のような流木の中からいくつか拝借してきました。家に持ち帰った流木の殺菌・アク抜きの為、鍋でグツグツ。我が家はオール電化の為、安物のでかい鍋を購入してきて、カセットコンロで1時間程煮沸しました。家にあるIH対応の鍋なんか使ってませんよ。そんなの使ったら今私は生きていないでしょう…。流木を煮る間も嫁や妹の冷たすぎる視線がグサグサ。
ダメージを負いながらも土台の流木をセット。今回は低床にチャームで販売している「礫」を使用。濾過は底面フィルターにしました。

底面フィルター
コトブキのボトムインフィルター。

底面説明

これの良いところはエアリフトパイプの長さを調整できること。最高40cmから最短10cmまで可能です。
何せプラントグラスシリンダーは高さ10cmしかありませんから。

ろ過水流

水没しないので流量は極弱です。しかも音がうるさい。一応横に投げ込みフィルターを併設し、エアーを分岐して両方稼働してます。

濾過・低床・流木までセットし、植栽に移ります。ホームセンターでハイドロカルチャーという観葉植物を購入。
水が流れているところに鉢が置いてあるものをチョイス。これは、半水中に植物をセットする為、水中用の根を展開している植物の方が根腐れ等がおきにくい為です。

水苔植栽

ハイドロコーンに植えてある植物を鉢からズポッと抜き、ある程度土やハイドロコーンを落として水苔で覆って釣り糸でグルグル巻きに。それをただ置くだけです。

2月1日②
正面から

2月1日
上から

左から
アスパラガス・ワイヤープランツ・赤いのは名前忘れましたコンシンネ・トリカラー(ドラセナの一種)
・テーブルヤシ・シダ
(名前忘れました)となってます。

名前YossyのアクアライフのYossyさんから教えていただきました。ありがとうございました。

流木の上には会社に生えてた苔を、石や水苔の上にモスを、あとは適当に60cm水槽のトリミングで出た残り物を適当に植えてあります。生体はいまのところ無し。

モス水上葉
モス水上葉

水上葉2
オークロとウォーターマッシュルームの水上葉

1ヶ月半程で水上葉をここまで展開しました。

苔カビ

拾ってきた苔にはカビが生えた為全て撤去しました。

3月24日

これが現状。底面濾過が効いているのか不明ですが、流木のアクで水はずっと茶色です。照明は一応ボルテスを上からあててますが、気が向いた時だけ点灯してます。換水も気が向いた時にやってます。2ヶ月で3~4回程度。
アスパラガスとシダはほとんど枯れて、元気に見える葉は1~2枚です。他はそこそこ順調というところでしょうか。
その内メダカを入れたいと思っています。一応下にピタッと適温敷いてます。
アクアテラに関しては水深が足りない為ブクブクうるさいし、まだまだ改善の余地有りですが、ここにかけるお金は無いためしばらくはこのまま放置です。

全景

これが我が家のアクアコーナーの全景です。ごちゃごちゃしているところが性格出てますね…。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

磯自慢焼津

Author:磯自慢焼津
東海水草一家
Tokai Aquaplants Family
通称TAF
ご参加お待ちしております。

画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
アクセスカウンター
検索フォーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ウェルカム水槽

スペック H27.1.29立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L(60×45×45cm)
水槽台: ウッドキャビネット ダークブラウン 600×450
  照明:アクシー ニューツイン 600 WW球 ブラックエディション
外部フィルター:エーハイム プロフェッショナル3 2073
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー ・バイオメック・メックプロ
底面フィルター:プロジェクトフィルター プラス
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 16mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:田村商店 溶岩砂 4㍑ ×4袋
初期肥料・追加肥料:今のところ無し

60cm水槽

スペック H26.11.7立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L LOW(60×45×36cm)
水槽台:コトブキ プロスタイル 600S ホワイト
  照明:ADAアクアスカイ602
外部フィルター:エーハイム エコ コンフォート 2234
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー・田砂
初期肥料:トロフィカル Base
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日

ストック水槽

スペック
H27.1.16立上げ
水槽:コトブキ レグラス R 600S(60×30×36cm)
水槽台:コトブキ 水槽台 プロスタイル 600S
照明:ADA アクアスカイ602
フィルター:エーハイム クラシックフィルター 2213
濾材:エーハイムメック・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 9L(付属バクテリア使用)
初期肥料:トロフィカル Base 2リットル・テトラ イニシャルスティック
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日 Main 1滴/日

30cmCUBE
H26ジブリウム作品

スペック H26.7.24立上げ
水槽:コトブキレグラス30cmCUBE
水槽台:60cm水槽用 組立2段台 ST-602(スチール製)ブラック
  照明:ADAアクアスカイ301
外部フィルター:エデニック シェルト60
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー・リング濾材
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 3L
初期肥料:トロフィカル Base 1L・テトライニシャルスティック
追加肥料:無し

20cmCUBE

スペック H26.12.1立上げ
水槽:Do!aquaキューブグラス(20×20×20)
水槽台:本棚
  照明:ニッソー LEDライトスマートタッチ
底面フィルター:トット 底面フィルター S・ニッソー MUTE(ミュート)D
CO2:無し
エアレーション:無し
底床:ナチュラルグラベルS
初期肥料・追加肥料:無し


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。