スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

心配

H28.7.20
13年前の祝日法改正により、「海の日」は7月の第3月曜日になりましたが、私が学生の頃は海の日といえば20日
何せこの日から夏休みに入るわけですから忘れもしません。
そして私が高校生の時の大きな事故をした日でもあるので…。
そう…。夏休み初日に事故りましたw生きてて良かったw

海の日とは…
「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日」
らしいです。私の住む焼津は自称「魚の街」なので、海の恩恵を大いに受けています。
職場も海と密接な関係にありますし。
まぁ、今迄、海に感謝なんてしたことないわけですが、趣旨を調べたからには感謝しようと思います…。
ありがたや。ありがたや。

IMG_5668.jpg

そんな訳で子供が海を見たいと言うので、家から車で15分程の海岸にやってきました。
一応海水浴場になっていますが、誰一人居ませんw
平日の昼間なんてこんなモノなのかな?休日はどうなのかは知りません…。

IMG_5672.png

波打ち際で少々水遊びした後は、砂遊び。
こうなることは覚悟していましたが、全身砂まみれw
無計画に幼稚園の帰りに寄っただけなので、着替えもなく…。
パンツ一丁で帰ったのは言うまでもありません…。

さて、TAF会で刺激を受けてかどうか…。
30cmCUBE・ジュエル水槽の模様替えをしました。

IMG_5632.jpg

空にして掃除した30cmCUBE
今回はビバリウムっぽく仕上げていきたいと思います。
本当は、排水の付いたケージでやりたかったのですが、懐事情により断念。
しかも、この時期に植え替えして大丈夫なのか?と不安を覚えつつも…。
材料を揃えたら我慢なんて無理!いざ決行!

IMG_5654.jpg

30×30cmコルク板を水槽サイズより若干小さくカットし、水槽背面にシリコンボンドで固定。
左手前に、底面フィルターのパーツを流用し、排水を設けます。コレもボンドで固定。
もう引き返せない!

IMG_5676.jpg

コルクのままいこうか迷いましたが、極床超造形君をペタペタ。
初めての造形君を使ってみたかったというのが一番大きな理由かな…。

IMG_5677.png

造形君がある程度固まったら、排水を考慮し、底に軽石を敷き詰めます。

IMG_5678.jpg

その上に今度は保水を考慮し、水苔を薄く敷きます。

IMG_5679.png

どこかのサイトの配合をパktt…、参考にさせていただいて。
ベラボン2:ピートモス1:バーミキュライト1
の分量で用土を配合。

IMG_5680.png

水苔→用土→水苔→用土と、層になるように敷いていきます。
面倒なので今回は2層にしました。
この上に水苔を使ってジュエルオーキッドを植えていきます。
植えるというか置く感じですが。

IMG_5685.png

いきなり完成の図。
充電が切れて途中経過は撮れませんでしたw
ちょっと背面が寂しいですが、何か見つけたら追加しようと思います。

IMG_5683.png

上からの図。
夏の間は、蓋をせずに管理しようと思います。
乾燥より蒸れの方が怖いので。

立ち上げて3日程経ちますが、今のところ溶けたり枯れたりした株は有りません。
さて、夏本番を越えることができるでしょうか…。
心配ですw
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

本当の腐海

H28.2.23
この日は暖かく、良い天気でした。暖かくなるのは嬉しいのですが…。
目も鼻もムズムズムズムズムズムズムズムズ…。
忌々しいヤツの飛来です…。
コレさえなければは良い季節なんですけどね~。

さて、我が家に来てから初の越冬を無事に(?)はたした、フペルジア2種。
陸上の植物にハマルきっかけは間違いなくこのフペルジアでした。

IMG_4907.jpg

(左)Huperzia nummulariifolia
(フペルジア・ヌンムラリフォリア)

(右)Huperzia carinata
(フペルジア・カリナータ)

冬の間も水苔がカラカラに乾いてから、比較的暖かい日には外で灌水日光浴をさせていました。
一見調子よく見えますが、ヌンムラリフォリアは、葉が所々茶色くなっています。
ヤフオクで購入したままの状態で今迄維持してきましたが、
今年中には植え替えにチャレンジしてみようかと思っています。
現在の用土はおそらくベラボン水苔
「植え替え」や「用土」で検索してもあまり情報がないのですよね。
「何時」どんな「用土」で植え替えるか悩み中です…。

話は変わり、我が家の30cmCUBE

IMG_4698.jpg

少し前の画像になりますが、初めてテラ部分を作った水槽になります。
が…。水中も水上も調子が悪い…。
この画像の左上辺りに、黒いモヤモヤした物が写っていますが、コレが勢力拡大。
陸上部分も藍藻のような深緑の物体や、枯れたモスで悲惨なことに…。
腐海をイメージしたレイアウトでしたが、本当の腐海になりました…。

全てが腐海に呑まれる前に解体します…。

IMG_4904.jpg

Bucephalandra sp.”kualakuayan Type1”
ブセファランドラ・クアラクアヤンⅠ

初の試みで流木にアロンアルファでくっつけたブセ
取る時に苦労するかと思いましたが、意外にアッサリ取れましたw
ただ、やはり白い跡は残ります。

IMG_4905.jpg

調子の良さそうな株は溶岩石に括り付けウェルカム水槽に移動。
将来的にはクアⅠ絨毯に出来たら良いな~。

IMG_4906.jpg

黒髭っぽい何かが付いた株は水苔に植え、水上葉育成に。
この水槽は一度解体する為、住人はストック水槽に引っ越しです。

IMG_4911.png

久しぶりの登場。一番古参のドイツラム♂!
30cmでペア水入らずで暮らしていましたが、ほとんど産卵しませんでした。
このギラギラな感じ。まだまだ旺盛だと思うのですがw

IMG_4910.png

綺麗さっぱり!
さて…。この水槽をああしてこうして…。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

素敵なお部屋

AQUA LIFE 12月号
発売日当日GETしましたよ。

IMG_4559.jpg

この表紙の素敵なお部屋…。
行ってみたいわぁ…。
最近新たな扉も開いちゃったみたいですしw

顔見知りな方が表紙を飾るのはコレが2回目
なんか嬉しいですねw
次はレイコンCUBE部門日本一のあのお方かな?

さて、ぼちぼち引っ越し作業を進めております。
不要な単行本を段ボール5箱分、約200冊売りました。
状態良くなかったと思いますが、想像より高く売れてラッキーでした。

先日業者が入り、大物の移動は一通り完了しましたが、家中段ボールだらけです。
私にとっての一番の大物、60cm水槽2つも手つかずですし…。

IMG_4571.jpg

取り敢えず20cmCUBE30cmCUBEだけ移動しました。
水を抜いただけで一人で簡単に運べるこのサイズ。
楽ですね~。

最終的にはこの横に60cmが2つ並ぶ予定です。

IMG_4568.jpg

30cmCUBEブセが溶けたり、流木から黒いカスのような物が出たり、水カビが出たり…。
ずっと調子が悪かったのですが、最近になりやっと環境が整った様子。
仮住まいに引っ越し中だったドイツラムも戻し、やっとあるべき姿に。

IMG_4569.jpg

水上の方もそこそこ順調…なのかな?
実はモンセンゴケも入手したのですが、植栽する前に瀕死状態…。
水中に伸びたモスにはアオミドロが発生します。
アクアスカイ直下だから仕方ないかな?

IMG_4570.jpg

20cmCUBEは、微妙…。
NU便ブセは調子良いのですが、黒髭が猛威を振るっています。
住人のエンドラーズタイガーは、一時は増えすぎ注意報が発令されたものの、現在は3匹になってしまいました。
レッドチェリーシュリンプも全く見かけなくなりました。
彼等の亡骸黒髭の原因ですね…。
その内何とかしようと思います。

IMG_4553.jpg

先日のH27.11.7
息子1歳になりました。
ということは、息子が産まれた日に立ち上げた、60cmクリプト水槽も1歳になりましたw

IMG_4536.jpg

一部の不満を除いてお気に入りの水槽ですが、
やはり、水を抜いただけでの移動は難しそうなので、一度解体することにしました。
ストック水槽も同様です。
何故か毎回この忙しい時期にリセットしてるなぁ…。
1日で両方いけるかなぁ?
単行本売ったお金はリセットに消えるなぁ…。
てか足りないなw
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

下から

先日立ち上げた30cmCUBE「腐海の底」
水中部分のブセが溶けてきました…。

IMG_4390.jpg

アクアスカイ点灯時でもこの暗さですからね。
やはり暗すぎるのか?
暗いと溶けるのか知りませんが…。

何れにせよせっかく貼りつけたブセが見えないので。

e-price_06-1305.jpg

OHM/オーム電機 LTL-C6L-S LEDクリップライト
約0.5Wの高輝度LEDを6灯使用、しかも特殊レンズを使用、明るさもさらに広がります。
ヘッド部、約350度の角度調節が可能ですので、光の向きを自由に変えられます。

こんなクリップライト下から照らしてみようかと思います。
このライトは20cmCUBEブセ水槽でも使っているものです。

IMG_4389.jpg

アクアスカイ+クリップライト
よしよし。これで光量が足りるかは解りませんが流木の陰のブセも見易くなりました。

IMG_4385.jpg

クリップライトのみ点灯
部屋が真っ暗な状態だと幻想的で良い感じに。

IMG_4392.jpg

今のところ全体はこんな感じ。
陸上部分と水中部分を同時に撮るのは難しいと解りましたw

IMG_4395.jpg

お気に入りの角度。
下から覗きこむようにw
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

腐海な感じ

崖を作りたくて始めた30cmCUBEレイアウト。
上手い事いかず、構想段階で大崩orz
結果、全く予定していなかった「腐海の底」をイメージしたレイアウトになったわけです…。
前回、流木にブセファランドラ・クアラクアヤンⅠを地道に貼り付けていき水中部分は一段落。

今回は陸上部分に着手します。
水中部分のイメージが「腐海の底」ということは、陸上部分は「腐海」ということになります。
そこで今回チョイスした植物がコチラ↓

IMG_4323.png

Cryptanthus Green(クリプタンサス グリーン)
Cryptanthus bivittatus(クリプタンサス ビビッタータス)

葉は硬く尖り、波状になってます。ヒトデみたい?
久しぶりに寄ったさかなの森さんで見てイメージに合うかなと。
特にビビッタータスなんて毒々しい色でしょうw

IMG_4334.jpg

水苔にくるみ流木の窪みに植えました。
初めて育てる植物なのでこの方法で育成可能かは解りません。

画像の下の植物は言わずと知れたThe食虫植物
Dionaea muscipula(ハエトリソウ)。
植え替えたら元気が無くなりましたが復活してくれるかな…。

全体にモスを貼り付け、流木の先端部分にはマメヅタを。
本当はモンセンゴケにしたかったのですが、時期的に遅かったのか売っていないので断念…。

IMG_4353.jpg

zinさんからいただいたクアⅡ水上化を狙って陸上に植栽。
根は水中…とまではいかなくても水際くらいの場所なので成功してほしいなぁ。
そうそう。
水面の位置を確認したかったので、水入れしました。
数週間もミスト式で放置プレイなんて耐えられないw

IMG_4351.jpg

水面ライン。
ギリギリ底面の出水ラインなのですが、もう少し低くても良いかなぁ。
水中部分は思ったより暗かった…。
勿論流木が上を覆っているので暗くなるのは覚悟してましたが、ちょっと暗すぎるかなぁ…。
しかもブラックウォーター気味。
嫌いじゃないので良いのですが。

IMG_4352.jpg

水中部分はこれ位の角度から見るのが好きです。
下からスポットライト当てても面白いかなぁ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

磯自慢焼津

Author:磯自慢焼津
東海水草一家
Tokai Aquaplants Family
通称TAF
ご参加お待ちしております。

画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
アクセスカウンター
検索フォーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ウェルカム水槽

スペック H27.1.29立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L(60×45×45cm)
水槽台: ウッドキャビネット ダークブラウン 600×450
  照明:アクシー ニューツイン 600 WW球 ブラックエディション
外部フィルター:エーハイム プロフェッショナル3 2073
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー ・バイオメック・メックプロ
底面フィルター:プロジェクトフィルター プラス
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 16mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:田村商店 溶岩砂 4㍑ ×4袋
初期肥料・追加肥料:今のところ無し

60cm水槽

スペック H26.11.7立上げ
水槽:コトブキ レグラスフラット F 600L LOW(60×45×36cm)
水槽台:コトブキ プロスタイル 600S ホワイト
  照明:ADAアクアスカイ602
外部フィルター:エーハイム エコ コンフォート 2234
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー・田砂
初期肥料:トロフィカル Base
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日

ストック水槽

スペック
H27.1.16立上げ
水槽:コトブキ レグラス R 600S(60×30×36cm)
水槽台:コトブキ 水槽台 プロスタイル 600S
照明:ADA アクアスカイ602
フィルター:エーハイム クラシックフィルター 2213
濾材:エーハイムメック・サブストラット プロ レギュラー
CO2:ミドボンからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 9L(付属バクテリア使用)
初期肥料:トロフィカル Base 2リットル・テトラ イニシャルスティック
追加肥料:増岡ファーム オリジナル液肥 Sub 2滴/日 Main 1滴/日

30cmCUBE
H26ジブリウム作品

スペック H26.7.24立上げ
水槽:コトブキレグラス30cmCUBE
水槽台:60cm水槽用 組立2段台 ST-602(スチール製)ブラック
  照明:ADAアクアスカイ301
外部フィルター:エデニック シェルト60
濾材:エーハイム・サブストラット プロ レギュラー・リング濾材
CO2:小型ボンベからCO2マスターアドバンス 12mmホース用にて強制添加
エアレーション:無し
底床:NANKI スペシャル・ソイル パウダー 3L
初期肥料:トロフィカル Base 1L・テトライニシャルスティック
追加肥料:無し

20cmCUBE

スペック H26.12.1立上げ
水槽:Do!aquaキューブグラス(20×20×20)
水槽台:本棚
  照明:ニッソー LEDライトスマートタッチ
底面フィルター:トット 底面フィルター S・ニッソー MUTE(ミュート)D
CO2:無し
エアレーション:無し
底床:ナチュラルグラベルS
初期肥料・追加肥料:無し


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。